FDBモブラーの「J80チェア」~halutaの北欧アイテムvol.20~

今日のひとしな
2016.05.20

←お店の紹介はこちらから


突然ですがみなさん「CO-OP(生活協同組合)」ってご存知ですか。単に「生協」とも呼ばれる、一般市民の生活レベルの向上をめざし、さまざまな事業を行う組織のことです。1900年代中頃のデンマークにも「FDB(デンマーク協同組合連合会)」という、同じような目的を持つ組織がありました。

1942年、ここに家具部門「FDBモブラー」が新しく設立。その監修を務めたのが、デンマーク近代家具を作ったコーア・クリントさん。そして初代主任を務めることになったのが、ボーエ・モーエンセンさんでした。さらにそこに、ハンス・ウェグナーさんやアルネ・ヤコブセンさんなどもプロジェクトに参加。

今となってはキラ星のように輝くスターデザイナーの彼らがこぞって、民衆のために「機能的かつ、良質な家具を、できるだけ手頃な値段で」という、まさに無茶ぶりとも言えるミッションのもと、おびただしい数の名作家具をデザイン。それが、現在のデンマークにおける、モダンデザイン家具の模範となったのです。なんだかいい話。

その後、1980年代には一部生産を中止、工房を縮小していたのですが、2013年、ついに当時のデザインを引き継ぎ、大々的な復刻生産が決定。俄然注目を集めてます。

中でも今回ご紹介したいのは、4代目主任であるヨーエン・ベックマークさんデザインによる、J80のオリジナルです。

1602748_01

これを見て、何が気付かれましたか? そう、vol.2で紹介したボーエ・モーエンセンのJ39チェアと似ていますね。

1602748_02

すっぽりとお尻を包み込むようにフィットする、ペーパーコードによる座面はそのままに、背もたれの部分が、細いスポーク(背棒)を付けた、合理的な仕様になっています。また脚まわりをふくむ全体としても小作りで、すっきりとした、扱いやすい印象です。

1602748_06

ちなみにこちらは復刻したJ80。halutaでは、ヴィンテージとともにこちらの現行品も取り扱っています。これから時を経て、飴色になっていく過程を自分で感じられる楽しみもあります。

halutaではJ80のほか、復刻したFDBモブラー製品をいくつかご用意しております。気になった方は、ぜひそちらもご覧くださいね。

J80N_02
¥78,000~

haluta

主にデンマークから仕入れたヴィンテージの北欧家具、雑貨を扱う。「今日のひとしな」コラム執筆は、ウェブブック「haluta365」編集長・山村光春さん。

 

haluta kanda(ハルタ カンダ)

東京都千代田区神田須田町1-25-4 マーチエキュート神田万世橋

TEL:03-5295-0061

11:00~21:00(日祝 ~20:00)

 

haluta AndelLund(ハルタ アンデルンド)

長野県上田市小泉821-1

TEL:0268-71-3005

12:00~17:00(火、土、日祝のみ営業)

http://www.haluta.jp

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ