「尾山製材」のみつろうクリーム ~niguramu(にぐらむ)より vol.25~

今日のひとしな
2016.06.25

←お店の紹介はコチラから

 

富山県朝日町にある「尾山製材」さんは、安全性や里山の再生にも力を注ぐ誠実な製材所。フローリングや木製家具などの保護やお手入れにおすすめしたいのが、こちらのみつろうクリームです。
 X-IMG_7143
直接肌に触れる部分に使用するものだから、健康を害する可能性のある素材が含まれていると心配なもの。なかでも、赤ちゃんや小さいお子様、ペットのいるお宅では特に気になる部分だと思います。

「尾山製材」のみつろうクリームは、原材料に、みつろう(保湿・軟化)、富山県産菜種油(防腐・防虫)、亜麻仁油(はっ水性)、椿油(硬化せず酸化し難い・保湿・保護)、青森県産ヒバ油(防カビ・防虫)を使用し、独自の加工法と足りない要素を補うための各油の配合を見つけ出した、人と環境に優しいオリジナル製品です。

パッケージには「木工用」と書かれていますが、実は革製品のお手入れや錆止めにも使える便利なアイテムなんです。なので、この表記がちょっともったいない気がします!

X-134103-1200aa

わたしはどちらかというと革製品のお手入れに使うことが多く、ナチュラルな使用感が気に入っています。よろしければお試しください。

木製品、革製品とも使い方は基本的に同じ。乾いた布や柔らかいスポンジにみつろうクリームを馴染ませ、広げるように塗っていきます。乾燥や傷みがひどい部分は、ぐんぐん浸透していく感じなので、全体に塗ってから、足りない部分はさらに追加してあげると均一な状態になります。そして、しばらく(30分くらいが目安)浸透させた後、乾いた布で表面を磨いて仕上げます。

お手入れ後は革や木材がふっくらして、しっとり。でも、べたつくような嫌な感じではありません。

擦れや傷跡も程度によってはかなり目立たなくなるし、一皮剥けたかのように色が明るくなるので、毎回感激しています。無色なので、どんな色のものにも使えるし、安心な成分なので素手でお手入れできるのも嬉しいです。

とはいえ、木製品、革製品とも色落ちや変色などの恐れがあるため、必ず目立たないところで試してからご利用くださいね。手頃な「40g」と、たっぷり使える「200g」をご用意しています。
 X-IMG_7162


木工用みつろうクリーム 
40g ¥1,188(税込)、 200g ¥2,160(税込)

text:宮嶋ヒロコ

niguramu ~BRANCH Shop~

日本各地から日用品、雑貨、器、アクセサリーをセレクト。連載コラムの執筆は、店主の辻 喜代司さんと宮嶋ヒロコさん。

 

石川県金沢市高岡町18-13
TEL:076-255-3546
11:00~19:00 火曜定休
http://www.buk.jp

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ