「ダジャ」リネンシャツ&シャツワンピース

特集 「大人が元気になれる展服」 in 阪急うめだ本店
2017.04.05

4/19(水)~25日(火)までの1週間、『大人になったら、着たい服』で人気のショップやブランドを集めたお買い物イベントを大阪で開催予定です。そこで、今週の特集は、ひと足お先にそのイベントの内容をご案内しています。今日は、島根・松江のセレクトショップ「ダジャ」の板倉直子さんに、イベントでの注目アイテムを紹介していただきます。

 

編集部 今日、板倉さんが着ていらっしゃるワンピース、春らしくて素敵ですね。どちらのものですか?

s-DSC_0064_

板倉さん 正統派のデザインで、幅広い層から支持されている「ミッシェル・ボードアン」のシャツワンピースです。この春の新型は、英国ブリスベンモス社のチノ素材。しっかりした生地ですが軽さもあり、春先にぴったり。水洗い可なので、ご自宅でお手入れできるのも魅力です。今日私が着ているのはライトベージュで、イベントではこのほかにカーキベージュ、ネイビーの3色をご用意する予定です。

s-3)

「ミッシェル・ボードアン」のシャツワンピース。左からネイビー、カーキベージュ、ライトベージュ。

 

 

編集部 板倉さんといえば、シャツ! そんなイメージがあるほど、“大人服”誌面で、たくさんのシャツの着こなしを紹介してくださっていますよね。ちょうどこのWEBマガジンでの連載でも、4月は“リネンのシャツ”がテーマです。

 

板倉さん シャツは私のワードローブの基本なので(笑)、今年もさまざまなタイプのシャツを展開しています。今回のイベントでは特にこれからの季節に重宝するリネンシャツを、ぜひ見ていただきたいと思っています。

 

編集部 こちらは“大人服”最新号でもご紹介した、「スティアンコル」の”リメイクポロ“ですね?

s-1)

「スティアンコル」”リメイクポロ”。左からインディゴブルー、ホワイト。

 

板倉さん はい。今年は定番のホワイトに加えて、インディゴブルーもご用意しました。プルオーバータイプのボタンダウンシャツは、一見、ボーイッシュなアイテムですが、素材がイタリアのシャツ生地メーカー「カンクリーニ」の上質なリネンなので、大人の女性の魅力が引き出せると思います。ぜひ、洗いざらしで着こなしていただきたいですね。

 

編集部 読者の中には、シャツというと「キッチリしたイメージがあって……」と苦手意識をもつ女性も多いと聞きます。

板倉さん そんな方には、「ガーデンズオブパライダス」の“ウィークエンドシャツ”がおすすめです。小さな襟でスタンドカラーのプルオーバーシャツは、やさしい印象で女性らしく着ていただけますよ。紫外線が気になる時季でも、首まわりを自然にガードしてくれるのもうれしいポイント。こちらも「カンクリーニ」の上質なリネンです。

s-2)

「ガーデンズオブパラダイス」”ウィークエンド”シャツ。左からイエローベージュ、ホワイト、ライトブルー。

 

編集部 「ダジャ」では、素材にこだわったアイテム多いんですね。

板倉さん 大人になって着る服は、やはり素材が大切だと思います。着心地がよいことがいちばん。上質素材のものを洗いざらしで着ると、体が深呼吸するように感じて、元気になれる気がします。そして気分や季節と「服」がフィットすることも大事ですね。

 

編集部 4/19からのイベントでは、板倉さんはじめ、スタッフの皆さんが交代に売り場に立ってくださるそうですね?

板倉さん はい! 私は期間中、毎日会場に立つ予定ですし、ほかのスタッフも皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。着こなしについての疑問や質問など、ぜひお気軽にお声がけくださいね。「これ!」という一枚を見つけていただいて、お客様が笑顔になってくださったら、こんなにうれしいことはありません。

 

 

大人が元気になれる服展 in 阪急うめだ本店

◎日時:2017年4月19日(水)~25日(火)
◎会場:阪急うめだ本店10階『うめだスーク』中央街区
*催し最終日は午後5時終了

【お問い合わせ】阪急うめだ本店 
☏06-6361-1381
http://www.hankyu-dept.co.jp

Daja(ダジャ)
島根県松江市学園南2-12-5 HOYOパークサイドビル1F

☏0852-24-0112
http://allo-daja.com
10:30~19:30
定休日:火曜日

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ