南フランスの空気を感じる『リゼッタにおけるカゴ祭り』本日より開催です

【金曜更新】お出かけ&お買いもの情報
2017.05.19

カゴづくりを産業としていたことを今に伝えるために行われているという南フランスのカゴ祭り。19世紀末頃と思われる南フランスの衣装を身に着けた婦人や紳士、たくさんのカゴを乗せた馬車、当時の日常着を身にまとった人々が村をパレードするそうです。

そんなお祭りの雰囲気や南フランスの空気をそのまま伝えたいという思いから、人気ショップ「リゼッタ」では『フランスのカゴ展』が本日より開催されます。

2017kago-391x580

今年で9回目の開催のリゼッタ『フランスのカゴ展』。一口に「カゴ」といっても、様々な形や使い道のカゴが職人さんによって作られています。

kago1-1

写真手前の2つは、フィアンセバッグとも呼ばれる“ サックドゥフィヨンセ ”。婚約者にレースや宝石を入れて贈った言われる、フランスの女性には特別なカゴです。細く裂いた籐1本1本を数日かけ職人がひとつずつ編んでいるそうですよ。

右奥にあるランドリーボックスは、フランスの小さな村で、国内で1年に1度だけ収穫された丈夫な柳だけを使って作られたカゴ。柳の自然な色合いがとてもいい雰囲気。

ペリゴール地方で古くから作られている少し変わった形の伝統的なカゴもありますよ。このカゴは、100年ほど前までは盛んに作られていましたが、今ではムッシュ・フィリップが唯一の職人さんなんだそう。ぜひ直接触れてみてくださいね。

 

そして期間中リゼッタからは、これからの季節に活躍してくれる日傘や、カゴのある生活に馴染む生活雑貨が登場。さらにカフェリゼッタが作るラベンダーやレモンの焼き菓子もあるそうですよー。こちらも凄く楽しみ!
リゼッタのショップには今回ご紹介しきれなかったカゴも揃っているそうなので、ぜひお出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

「リゼッタにおけるカゴ祭り」

■二子玉川店
会期:2017年5月19日(金)~28日(日)
住所:東京都世田谷区玉川3-12-8
電話:03-3707-9130
営業:11:00~19:00(定休日なし)

■淀屋橋店
会期:2017年6月2日(金)~11日(日)
住所:大阪府大阪市中央区伏見町3-3-3 芝川ビル 2F
電話:06-4963-2538
営業:11:00~19:00(水曜定休日)

オンラインショップ(Envelope)では6月6日(火)より販売予定。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ