「釜定」のモダンなポットとケトルが製品化!

【金曜更新】おでかけ&お買いもの情報
2018.08.31

今日は、昨年 “今日のひとしな” を担当していただいた「designshop」からのお知らせです!

以前、お店で開催した企画展『釜定 南部鉄器ケトルとコーヒー展』で発表された、「釜定」の代表・宮伸穂氏デザインのポットとケトル。限定販売だったため、再販の要望が後を絶たなかったそうです。そこで今回、さらに改良を施し、とうとう製品化できることに!  東京・南麻布の「designshop」と、盛岡の「釜定」本店のみで購入できるそうですよ。

kettles-11
通常、南部鉄瓶は、注ぎ口の下に漢字で工房名が刻印されていますが、こちらのポットとケトルは、蓋の裏に「KAMASADA」のロゴと制作年が刻印されているというレアもの。「釜定」独自の錆びにくい鉄と高度な技術が盛り込まれ、月に10点しか製作できないという贅沢なひとしなです。

従来の鉄瓶は、火にかけると取手やつまみが熱くなるため布巾が必須でしたが、このポットとケトルでは、耐久性と堅さを備えた南洋材を使用し、素手でも扱える仕様に。また、90度傾けても蓋が滑り落ちない工夫や、IHにも適した加工も施されていて、現代の生活や海外の方にも取り入れやすいように改良されています。特に注ぎ口は、注ぎやすく水切れもよい形を目指し、発売直前まで試行錯誤したそうですよ。

1129_5
鉄瓶で沸かすとお湯がまろやかになって、おいしいお茶が淹れられる…というのは昔から知られてましたよね。最近ではコーヒーの世界でも、バリスタによるブラインドテストで、そのまろやかさが評価されているそうですよ。

鉄瓶はちょっと古めかしいイメージがあって……と思っていた人にも、きっと気に入ってもらえそうな、シックでモダンなデザイン。普段の生活にすんなり馴染んでくれそうです。ぜひ、実際にお店で手に取ってみてくださいね。

釜定 南部鉄器Pot -C
価格 \ 80,000 (税抜)
底面φ110㎜
幅230㎜(持ち手・注ぎ口含む)
高さ160㎜(つまみ含む)
重量1.4kg / 容量1.0L

釜定 南部鉄器Pot -L
価格 \ 80,000 (税抜)
底面φ110㎜
幅230㎜(持ち手・注ぎ口含む)
高さ160㎜(つまみ含む)
重量1.4kg / 容量1.0L

釜定 南部鉄器Kettle -C
価格 \100,000 (税抜)
底面φ130㎜
幅175㎜(持ち手・注ぎ口含む)
高さ125㎜(~つまみ)、200㎜(~持ち手)
重量2.0kg / 容量1.8L

釜定 南部鉄器Kettle -L
価格 \100,000 (税抜)
底面φ130㎜
幅175㎜(持ち手・注ぎ口含む)
高さ120㎜(~つまみ)、195㎜(~持ち手)
重量2.1kg / 容量1.8L

 

designshop azabu

東京都港区南麻布2-1-17 白ビル1F  
TEL:03-5791-9790
営業時間:11:00~19:00(土・日曜・祝日休)
https://www.designshop-jp.com/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ