「今日のひとしな」10月の担当は「EUREKA FACTORY HEIGHTS(エウレカ ファクトリー ハイツ)」

今日のひとしな
2018.10.01


少しずつ、秋の気配が濃くなってきましたね。本格的に秋物を探し始めた方も多いのではないでしょうか? そこで今月の「今日のひとしな」は、素敵なセレクトで話題のセレクトショップ「EUREKA FACTORY HEIGHTS(エウレカ ファクトリー ハイツ)」に登場していただきます!

01 (7)
お店があるのは、岐阜駅から徒歩15分ほどのところ。そこは、おしゃれなショップが立ち並ぶエリアではなく、繊維問屋街の中です。問屋やメーカーなどの会社しかなく、人通りも少ないこの地に、4年半前「EUREKA FACTORY HEIGHTS」は引っ越してきました。

01 (10)
オーナーの小林徹さんが、築50年以上のこのビルに出会ったときに感じたのは、“建物の存在感”。「以前よりも活気は薄れつつあったこの歴史ある建物で、そして繊維産業のベースになる地で、僕らの世代が何かを始めることに意味があると思ったんです」。リノベーションして、こんな素敵な空間に生まれ変わりました。

01 (6)
店内には、「Scye(サイ)」や「seya.(セヤ)」のアイテムなど、堅苦しくないのに品のよさがある、モダンでクリーンな雰囲気の服が並んでいます。

01 (9)
9年前にオープンしたときはメンズウェア中心のセレクトショップでしたが、移転後はこの広いスペースを生かし、レディース、雑貨、グロッサリーなど、少しずつ扱うアイテムの幅を広げてきました。そのおかげで、今は家族連れ、カップルなど、様々なお客さまが訪れるそう。

01 (3)
01 (4)
4名のスタッフは、作り手とお客さまの橋渡し役に徹することを意識していると言います。作り手の思いを100%に近い形でお客さまに伝えることもそうだし、お客さまの要望に耳を傾けて、できる限りの提案をすることもそう。頼りがいのあるスタッフたちなので、どんなおしゃれの相談に乗ってくれますよ~。

01 (5)
岐阜は、昔から繊維産業が盛んで、おしゃれに敏感な人が多い土地柄。それでも近頃の車社会では、ストールやマフラーなどの巻き物をする人は少ないし、選ぶ服も見た目より機能重視になりがち。でも、この街に「EUREKA FACTORY HEIGHTS」があることで、少しでも“おしゃれをあきらめない”人が増えてくれたら……そんな思いで店を営んできたという小林さん。「ちょっとおこがましいですけどね」と笑います。

SUNDAYBUILDINGMARKET
でも、そういう強い思いがあるお店があるかどうかで、街の雰囲気って変わってくるものなのですよね。その動きは、お店からほど近い柳ヶ瀬商店街というエリアでも。以前はシャッター商店街だった場所で「サンデービルヂジングマーケット」というイベントが開かれ、毎月数千人が集まるようになったのだとか。

01 (1)
その商店街の中心にある築40年のロイヤル劇場ビルには、初の支店「EUREKA SATELLITE STORE」もオープン。そう、「EUREKA FACTORY HEIGHTS」は、街とともに歩んでいるお店なのです。

01 (2)
お店でも年に二回、「SUNDAY YARD STANDS」というイベントをパーキングスペースで開催しています。小林さんが働き方やその姿勢に強く影響を受けたという「青果ミコト屋」や、洞爺湖畔の石窯焼きパン屋「ラムヤート」など、全国でも指折りの人気店が集まるので、毎回大人気。おしゃれもおいしいものも一度に楽しめる話題のイベント、次回は10月14日に開催予定ですので、近くなったらお店のインスタグラムでチェックしてくださいね。

01 (8)
今日から始まる「今日のひとしな」で紹介するアイテムは、オンラインストアでも購入できるので、こちらもあわせてご覧ください~。

EUREKA FACTORY HEIGHTS(エウレカファクトリーハイツ)

岐阜県岐阜市敷島町6-2-2
TEL:058-213-7709
営業時間:11:00~19:00
定休日:木曜
https://www.eureka-jp.com
Instagram「@eureka_jp」「@eureka_wmns

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ