美濃羽まゆみさんの
「めんどう」を楽しむ
衣食住ノート

夏の着回し2

ボートネックカットソーを袖なしで、くったりとした綾織りのリネンで作りました。ワイドキュロットは裾にゴムを入れてバルーンシルエットに。ラフィアの帽子とあけびのかごを合わせ、肩の力を抜いたスタイル。

 

photo:いのうえまさお(TAND)

Profile

美濃羽まゆみ

Mayumi Minowa

1980年京都生まれ京都育ち。手づくり暮らし研究家。築100年の京町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手作り服や保存食、昔ながらの掃除方法など「めんどう」をあえて楽しむ暮らしを提案。ブログやSNS、YouTubeでの発信や講演会活動なども行う。ソーイング本『FU-KO basics. 長く楽しむ、子ども服』『FU-KO basics. 着心地のよい、暮らしの服』(ともに日本ヴォーグ社)などの著書も多数。家族4人、猫1匹と暮らす。

ブログ「FU-KO なまいにち」
Instagram @minowa_mayumi
YouTube「美濃羽まゆみ」

レシピ掲載書籍

「めんどう」を楽しむ 衣食住のレシピノート

美濃羽まゆみ 著 主婦と生活社 定価:1,650円

合理性大好き人間という二児の母でもある著者が、保存食をつくり、手作り服を着て、土鍋ご飯を食べ、石けんと二層式洗濯機で洗濯……。その理由は「手作り服なら自分好みに仕立てられるので、いろんな店を回る手間なし」「土鍋ご飯は炊飯時間も早く、それだけで十分おいしいので豪華なごちそうを作らなくていい」など、「めんどう」と一つずつ向き合うことで生まれたもの。しっかり8時間睡眠は確保したいし、子どもたちとの時間も大切にしたい。そして、大好きな仕事に精一杯力を使いたいからこそ、最小限の手間で大きな恩恵にあずかれて、かつ経済的にもメリットがある今の暮らし方に。そんな暮らし方のヒントとなる衣食住にまつわる内容を128ページに渡ってご紹介。
https://www.shufu.co.jp/bookmook/detail/978-4-391-15571-6/

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ