Farmer's KEIKOさんの
野菜レシピ

里いもの塩煮

ほくほくねっとりを味わうなら、塩でシンプルにゆでるのがいちばん

9
小さめの里いもの頭を切り落とし、ゆっくり塩ゆでするだけ。いちばん面倒がなく、おいしく食べられる方法です。熱いうちに皮をむいて召し上がれ。

【材料(4人分)】
里いも…小17〜18個(500ℊ)
塩…大さじ1と½

【作り方】
① 里いもはよく洗い、上の部分を5㎜ほど切り落とす。
② 鍋に①、かぶるくらいの水、塩を入れて火にかける。竹串が通るまでやわらかくゆでたら、ざるにあげる。

 

photo:石川奈都子

Profile

Farmer's KEIKO

大阪府生まれ、京都府在住。第一線のビジネスウーマンとして活躍後、脱サラして農業を始める。2010年から毎日の畑仕事や野菜レシピを紹介するブログをスタート。ほのぼのした日々のエピソードや、時短、簡単、おいしい、三拍子揃った野菜料理の数々が人気を呼び、ブログランキング。日々、野菜本来の味を生かしつつ、簡単で手早く作れるレシピの開発に励んでいる。
ブログ「Farmer’s KEIKO 農家の台所」

レシピ掲載書籍

『農家の台所から』

Farmer’s KEIKO 著 主婦と生活社 1,400円+税

野菜の美味しさに目覚めて、夫婦で脱サラ、専業農家に転身した大人気料理ブロガーが綴る、農家暮らしのエッセイと野菜のレシピ集。農作業でクタクタに疲れた時でもすぐ作れて、疲労回復に役立つおかず、驚きのかんたん調理で野菜のうまみを最大に引き出すシンプルレシピなど、誰よりも野菜のことを知っている農家だからこその野菜の食べ方、調理法をお届け。

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ