伊藤まさこさん 【前編】「化粧水は、娘と一緒に週に1本使い切るくらい、たっぷりと!」

わたしたちのコスメのはなし
2016.03.19

ヘアメイク・草場妙子と、エディター・柿本真希が、素敵だと思う方々に、普段使っているコスメを通してその人の“綺麗のモト”を伺うこの連載。

第1回のゲストは、伊藤まさこさん。飾らず自然体、でも女性らしさが漂い華やかでもある伊藤さんに、憧れる女性は多いはず。その綺麗のモトはどこからきているのか、お話を伺いました。

text:柿本真希

DSC1750
草場「以前メイクさせて頂いた時、伊藤さんの肌の綺麗さに驚いたんです。どんなお手入れをなさっていますか?」

伊藤さん「私、肌が弱いんです。すごく乾燥するし、体調が肌に出やすくて。でも、肌が荒れてもなるべく病院には行かず、ワセリンをたくさん塗ってじっと我慢して、食べるものに注意して治すようにしています。あとは定期的に鍼に行って、身体を整えています」

草場「それは、肌が敏感に傾いた時のすごくよい対処法ですよね。ワセリンが肌の水分を内側にとどめてくれるので」

伊藤さん「38歳ぐらいの時、あれ? あれれ? と身体の衰えみたいなものを感じて、そこからさらに今、実感しています。無理はしちゃいけないんだなぁって、改めて。生活と食事を整えるのがいちばん大事! 私は毎日8時間半くらい寝ています。睡眠を確保できないと体調を崩してしまいがちなの」

草場「8時間半! それはびっくりです! 素晴らしいですね。それって何時に寝るということですか?」

伊藤さん「9時半には寝ます。早いよね(笑) それで、5時半くらいからフル稼働! 起きたらお弁当を作って、朝ごはんを用意して。午前中の頭がいちばん働く時間に、原稿にもとりかかります。それで、夕方5時半くらいからは夜の時間に。なるべく仕事はせず、のんびり過ごします」

草場「規則正しい生活! 私も最近色々な本を読んだりしていて、やはり肌には睡眠は必要不可欠なんだとつくづく思っていたところです。朝起きて、スキンケアはどうしていますか?」

伊藤さん「朝起きたらまずは水だけで洗顔します。それで、お弁当や朝ごはんを作っている間、手があく度に化粧水を10回くらいつけるの。そうしている間に30分くらい経ち、それから日焼け止めを塗ります」

草場「日焼け止めは顔だけですか?」

伊藤さん「ううん。出ているところ全部に塗ってる。日焼けに弱くてシミになりやすいので。若いころは日焼けに憧れて焼いてみたりもしたけれど、私の肌は黒くはならず赤くなるだけなんです」

草場「化粧水10回もすごいですよね! 乾燥は肌の敵なので、保湿は大事ですもんね。化粧水は何を使っていますか?」

伊藤さん「私は娘と一緒に化粧水を使っているんだけれど、週に1本とか使い切るの! 顔だけじゃなくて全身に使うし。だから、ドラッグストアとかで気軽に買えるものが良くて“アベンヌ”を愛用しています。私本当に乾燥するから、加湿器も大きなサイズを買って、フル稼働させています」

01

草場「じゅうぶん保湿した後に、日焼け止めをきちんとつける。それって基礎的ですごく大事なことなんですが、なかなか出来ていない人もいると思うんです。私自身は3月くらいから紫外線注意報を自分に出すようにしていて、徐々に高いSPF値のものに切り替えています。日焼け止めは何を使っていますか?」

伊藤さん「日焼け止めもアベンヌ。強い日焼け止めを使うと、肌がボロボロになっちゃうから。アベンヌは低刺激なので安心です。薄くのばして、まめに塗り直しています。日焼け止めのおすすめってありますか?」

草場「私のおすすめは、“HACCI”と“ドゥ・ラ・メール”。どちらも高SPF値なのに白くならないんです。日焼け止めは、白浮きしないかが私の選ぶ基準。肌色がついている日焼け止めでも実際には肌の色になじませづらかったり、白っぽさが残ったりすることもあるので、私はUV効果のあるファンデーションのほうがおすすめです。この春はいろいろなメーカーからクッションファンデーションというものが出ています。コンパクトタイプで、中にファンデーションをしみこませたクッションが入っていて、それをスポンジでポンポンとのせていくものです。高いUV効果があるものが多く、薄づきで艶っぽく仕上がるので試してみて欲しいです」

伊藤さん「忘れないようにメモしておこうっと(笑)」

草場「朝は水で洗顔するとのことですが、夜は日焼け止めクリームを落とす必要がありますよね。クレンジングはどうしていますか?」

伊藤さん「石鹸は、“ガミラシークレット”をずっと使っています。しっとりして、すっごく良いですよ。顔も身体も全てこれで、家中に置いてあります。夜のクレンジングはこの“SOA”。ヘアメイクのお友達に教えて頂いて使っています」


02

a2

草場「ガミラシークレット、実は使ったことないんです。早速試してみます」

 

前編では、規則正しい生活やスキンケアなど、伊藤まさこさんのスキンケアの基本についてお話を伺いました。後編では、香りやメイクアップなどについてお聞きします。お楽しみに!

→後編へ続きます

 

伊藤まさこさんの他の記事はこちらから

 

第2回 デザイナー・田部井美奈さんはこちらから

第3回 ブランディングディレクター・福田春美さんはこちらから

第4回 「nest Robe」滝口和代さんはこちらから

Profile

伊藤まさこ

Masako Ito

1970年、横浜生まれ。料理や雑貨など暮らしまわりのスタイリストとして雑誌や書籍で活躍。自他ともに認める食いしん坊。おいしいものを探して日本の各地、世界へと飛び回っている。著書に『白いもの』『おべんと帖 百』(ともにマガジンハウス)、『白いシャツを一枚、縫ってみませんか?』(筑摩書房)などがある。

草場妙子

Taeko Kusaba

1979年、熊本生まれ。2006年独立。雑誌や広告、CMなどで幅広く活躍するヘアメイクアップアーティスト。コスメ好きが高じて、インスタグラムではおすすめの美容アイテムを紹介。
http://kusabataeko.com
Instagram:https://www.instagram.com/kusabataeko/

柿本真希

Maki Kakimoto

フリーランスエディター・ライター。二児の母。様々な媒体やカタログにて、編集・執筆・連載・インタビューを担当。ニュージーランドにて母子留学を2年半。2014年秋に帰国後、エディター・ライター、ディレクターなど多岐にわたり活躍中。http://www.makikakimoto.com
Instagram:https://www.instagram.com/makikakimoto/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ