鍋は冬の時短料理! 市瀬悦子さんの「えびとかぶのミルク鍋」

2020.12.16

冬の夜ごはんは鍋で済ますというご家庭も多いのではないでしょうか。具だくさんの鍋はそれだけで栄養満点で満腹感も得られるので、手軽な時短料理でもあるんです。

今回ご紹介するのはやさしい味のミルク鍋。子どもにも人気の味です。スープにパンを浸しながら食べるのがおすすめです。

えびの代わりにボイルほたてやかじきでもおいしいです。ほかにも魚介全般や、鶏胸肉、ささみなど、あっさりした肉にも合いますので、ご自由にアレンジしてください。Aにカレー粉小さじ2を加えてカレー味にしたり、仕上げに粗びき黒こしょうをふってもOK!

 

えびとかぶのミルク鍋
152kcal 塩分1.6g ※パンは除く

 

[材料と下準備] 2~3人分

えび… 12尾
 ▶尾に近い1節を残して殻をむき、背に浅い切り込みを入れて背わたを取る

かぶ(葉つき)…小4個
 ▶根と葉に切り分け、根は4つ割り、葉は長さ6㎝に切る

玉ねぎ…1個
 ▶厚さ1㎝のくし形切りにする


|水…500ml
|洋風スープの素(顆粒)…小さじ1
|白ワイン…大さじ2
|塩…小さじ1と1/4
|ローリエ(あれば)…1枚

牛乳…150ml

バター…15g

好みのパン(薄切り)… 適量

 

[作り方]

1️⃣ 鍋にAを混ぜて中火で熱し、煮立ったら、かぶの根と玉ねぎを入れ、5~6分煮る。

2️⃣ かぶの根に竹串を刺してみて、すっと通るようになったら、えびとかぶの葉を加えて2分ほど煮る。

3️⃣ 牛乳とバターを加えて弱火にし、煮立たせないように温める。パンを煮汁に浸していただく。

 

このレシピはこちらから!
市瀬悦子『基本調味料で作る鍋』(主婦と生活社)
市瀬悦子『基本調味料で作る鍋』
塩、しょうゆ、みそなど、どこの家庭にもある基本調味料だけで作る鍋料理のレシピ集。レトルトなどに比べて塩分が少なく、野菜もたっぷり使えて、いいことづくめです。毎日食べ続けても飽きない54レシピを収録。定価1430円(税込)

 

料理 市瀬悦子さん

料理研究家。食品メーカーに勤務後、料理研究家のアシスタントを経て独立。「おいしくて作りやすい家庭料理」をモットーに、書籍、雑誌、テレビなどで活躍中。著書に『基本調味料で作る鍋』『目で見てわかる!「材料入れて煮るだけ」レシピ』『すぐやせおかず糖質オフ200』『ラクちんおかず作りおき200』(すべて主婦と生活社)など多数。http://www.e-ichise.com

 

photo 福尾美雪 styling 駒井京子

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ