「3分こね」でカ〜ンタンに作れる! 絵本に出てくるみたいなかわいいパン〜幸栄さんの「でっかたいらパン」のレシピ

パン作り。はじめまして
2021.03.30


バターも卵も使わずに、少ないイーストでのんびり発酵させて作る、おいしいパンレシピを提案しているパン研究家の幸栄(ゆきえ)さん。著書『でっかいパン』の中では、小さく分割する手間いらずで大きくてかわいい、まるで絵本に出てくるみたいなパンをたくさん紹介しています。

幸栄さんのパンレシピなら、生地をこねる時間はたったの3分! 型も特別な道具も使わずに、しみじみおいしいパンがお家で作れるんです。

今回は本のカバーにもなっている、でっかくてたいらなこちらのパンレシピをご紹介。まわりはカリッと香ばしく、中はもっちり、しっとり。パン作りが初めてという方も、ぜひ一度試してみてくださいね。

 

でっかたいらパン

とびきり大きなフォカッチャのような、平らなパン。
生地にオリーブ油を加え、仕上げにも塗り、香ばしく焼きます。
大事なポイントは、穴のあけ方。思っているよりもしっかりと、
生地をのせた天板に指がふれるくらいまで押すのがコツです。

【材料(22×16cmのもの1個分)】
・強力粉…300g
 ・きび砂糖…大さじ2
 ・塩…小さじ1
ドライイースト…小さじ1/2(2g)
・水…185g
 ・オリーブ油…大さじ1
仕上げ用の塩…ひとつまみ
◎寒い季節は水をぬるま湯、暑い季節は冷水にして

 

【作り方】

❶生地をこねる

ボウルにAを入れてゴムベラで混ぜ、ドライイーストも加えて混ぜる。まん中にBを加えてゴムベラで混ぜ、なじんだらボウルの中で軽くこねる。


粉のダマがなくなり、ベタついてきたらひとまとめにし、ぬれぶきんをかけて10分休ませる。


台に取り出し、両手で生地を折りたたんでは、向こうに押し出すのをくり返してこねる。90度向きを変えながら、3分くらい。

❷一次発酵させる(3時間くらい)

太白ごま油(分量外)を薄く塗ったボウルに入れ、ぬれぶきんをかけ、暖かい場所で発酵させる。

2倍くらいの大きさになればOK。
*室温20℃で3時間が目安

❸ベンチタイム20分)

打ち粉(強力粉・分量外)をふった台に取り出し、生地の表面を張らせるようにして軽く丸め、底は指でつまんでしっかりとじる。

台にのせてぬれぶきんをかけ、20分休ませる。

❹成形&二次発酵させる(60分くらい)

打ち粉をつけためん棒で、21×15cmのだ円にのばす。

オーブンシートを敷いた天板にのせ、ぬれぶきんをかけ、暖かい場所で60分発酵させる。ひとまわり大きくなればOK。

❺焼く

表面にオリーブ油(分量外)を塗って塩をふり、人さし指で3×3列に底まで穴をあける。
210℃に温めたオーブンで17〜18分焼く。

 

もっとレシピを知りたい方は、こちらをどうぞ!
でっかいパン(主婦と生活社) 


定価:1540円(税込)
バターも卵も使わずに、少ないイーストを使ってじっくり発酵させて作るパンのレシピ集。幸栄さんのパンは、こねることたったの3分で作れる手軽さも最大の魅力! パン作り初めての方でも失敗なく、おいしく作れるミラクルレシピが満載の1冊です。でっかまるパン/でっかしかくパン/でっかながパン/でっかたいらパン/でっかくるくるパンの基本の5つの生地と、そこから生まれるおかずパン、おやつパン、ごちそうパンをたっぷりご紹介。

 

幸栄(ゆきえ)さん


1979年広島県生まれ。19〜25歳までモデルとして活躍し、長女の出産を機に引退、パンの道へ。いくつかのパン教室に通った後、本格的なパン作りを学ぶためにべーカリーに勤務。2010年から神奈川県の自宅で、少人数制の「少ないイーストで作るパン」「自家製酵母+少ないイーストで作るパン」の教室「toiro(トイロ)」をスタート。日々の暮らしに寄り添うパン作りを大切に考えている。著書に『でっかいパン』『「ちょっとのイースト」で作る まるパンとベーグルの本』『「ちょっとのイースト」で作る プチパンとベーグルの本』(すべて主婦と生活社)など。
https://www.toiroyukie.com/ 
Instagram  toiroyukie

 

photo:衛藤キヨコ styling:幸栄

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ