たたいたごぼうが食感のアクセントに!白いごはんがもりもり食べられる〜上島亜紀さんの「ごろごろごぼうのドライカレー」のレシピ

2021.03.26


「今日の夕飯はどうしようかなあ〜」なんて献立に困った時、白いごはんがすすむ“ごはんの友”が冷蔵庫にあれば、とても心強いですよね。

作りおきおかずをなにより得意とする、料理家の上島亜紀さん。ご自身も実生活で週末にご両親に「お届けごはん」をしていることもあって(詳しくは上島さんのインスタグラムへ!)、温め直しておいしく食べられる“ストックおかず”のレシピには定評があります。





学生時代アスリートだった息子さんの胃袋をしっかり満足させてきた、上島さん自慢の“ごはんの友”。そのレシピを100点以上紹介しているのが、『作りおきできる。がっつり!ごはんの友』。
今回は、スパイシーかつはちみつのコクで白いごはんがもりもり食べられる、最高においしいドライカレーのレシピをご紹介します!


ごろごろごぼうのドライカレー

ごぼうはたたいてから大きめに切って、食感をよくしつつ、味をしみやすくします。
クミンとカレー粉のスパイシーな香りに、はちみつのコクと酸味をきかせました。

【材料(4〜5人分)】
合びき肉…400g
ごぼう(よく洗って皮ごとめん棒でたたき、7mm角に切り、水にさらして水けをきる)…1本
・にんにく、しょうが(すりおろす)…各大さじ2/3
 ・クミンシード…小さじ1
カレー粉…大さじ2
B・ケチャップ…大さじ3
 ・中濃ソース…大さじ2
 ・はちみつ…大さじ1
 ・塩…小さじ1


【作り方】
1 フライパンを何もひかずに熱し、ひき肉、を強めの中火で炒め、色が変わったらごぼうを加えて脂が回るまで炒め、カレー粉を加えて香りが出るまで炒める。

2 B、水1/2カップを加え、中火で汁けがなくなるまで3~4分煮詰める。


★冷めたら保存容器に入れて冷蔵保存し、日持ちは4〜5日/冷凍室で約2週間。電子レンジなどで温め直して食べる。お弁当にもぜひ


【クミンシード】

クミンシードは、インド料理などによく使われるスパイス。カレー、肉や野菜の炒めもの、マリネやピクルスのほか、キャロットラペに入れても美味。

そして、3月19日に発売されたばかりの上島亜紀さんのできたてほやほやの新刊がこちら、らく弁:メインのおかずは10種類だけ!』。


息子さんのお弁当を20年以上も作り続けてきた上島さん。息子さんに人気だったメインのおかずを思い返してみれば、から揚げ、しょうが焼き、鶏の照り焼き、肉巻き…などの定番の10種類だと言います。

   
それらのおかずを“冷めてもおいしく作るコツ”(お弁当では大事ですね!)をしっかり伝授。あとは味つけさえ変えれば、バラエティ豊かなお弁当はいくつでも作れると話します。作るおかずは、ご覧の通り3つだけ。とにかくラクに作れて抜群においしいレシピが、たっぷり詰まっています。お弁当作りに悩んでいる方は、ぜひご覧になってみてくださいね!リモートワークのお昼にもおすすめです。

【上島亜紀さんのごはんの友レシピはこちらにも】


もっとレシピを知りたい方は、こちらをどうぞ!
作りおきできる。がっつり!ごはんの友(主婦と生活社) 


定価:1540円(税込)

白いごはんにのせるだけで、大満足の夕飯がたちまち完成!!  しっかりメインになりつつ、ごはんにのせて抜群においしいおかずばかりを集めた、未だかつてない”最強ごはんの友”レシピ集。鶏肉のしょうが照り焼き/トマトガーリックチキン/とり天のポン酢がけ/にらバーグなどの「肉のごはんの友」。かじきのきのこあんかけ/ごろごろ鮭フレーク/えびカツのタルタルソース添えなどの「魚のごはんの友」などなど、バラエティ豊かなごはんの友が、たっぷり106レシピ掲載されています。

上島亜紀(かみしま・あき)さん


料理研究家。夫、社会人1年生の息子と3人暮らし。ジュニア・アスリートフードマイスター、パン講師、食育アドバイザー。神奈川県の自宅にて、料理教室「A’s Table」を主宰。女性誌、テレビ、単行本でのレシピ提供、カフェや企業のレシピ監修などで活躍中。簡単に作れる家庭料理から、おもてなし料理まで幅広く提案。近刊に『らく弁:メインのおかずは10種類だけ!』、著書に『作りおきできる。がっつり!ごはんの友』(主婦と生活社)、『考えなくていい 冷凍作りおき』(ナツメ社)『ちゃんと食べてる?親に届ける作りおきおかず』(ともにナツメ社)、『一度にたくさん作るからおいしい煮込み料理』(成美堂出版)など。
Instagram  kamisimaaki

 

photo:木村 拓(東京料理写真) styling:大畑純子

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ