【本と野菜があるお店・京都の「本と野菜OyOy」から⑧】〜菜の花について

2021.03.25

こんにちは。OyOyの佐藤です。
暖かくなり、店頭に春野菜が増えてきました。今回ご紹介するのは菜の花です。

一般的に出回っているのは、アブラナの菜の花ですが、うちではいろんな葉野菜の菜の花が並びます。
はくさい菜、ケール、黒キャベツの菜の花……。それぞれ、色味も風味も違います。
先の花芽のところはやわらかく、茎のところはしっかりした歯応えがあり、茹でても炒めても楽しめます。菜の花のからし和えがよくある食べられる献立でしょうか。菜の花の苦みとからしが合いますよね。

 

黒キャベツと黒キャベツの菜の花。別名カーボロネロ。ほろ苦さがおいしい。しっかりした肉質なので煮込みものに入れても。

ケールの菜の花。珍しいですよね。わたしもOyOyではじめてみました!

 

 


そしてお弁当のおかずに、はくさい菜の菜の花を。炒めるというよりは、焼きめをつける感じでオイルで焼いて塩コショウだけ。その方が風味も食感も楽しめます。

はくさい菜の菜の花。ほかの菜の花にくらべてやさしく淡白なお味です。


菜の花の入荷があるといろいろ買い込んでしまい、家の冷蔵庫の中でうっかり花を咲かせてしまうことも。それはそれでまた楽しめますもんね(笑)。

今しかない旬の味って食卓も胃袋も五感も満たしてくれるものだと思います。もっと食べたかった〜と思う頃には、また別の野菜が旬を迎えています。そうやって季節の移り変わりを感じられるのは大切でしあわせなことなんだなぁ、と思う毎日です。

 

 

御池通のモクレン。いつのまにか大きな花が開いていました。

陽光桜。早咲きの桜でしょうか、もう満開です。

 

【本と野菜があるお店・京都の「本と野菜OyOy」から⑦】〜『日々のお弁当図鑑』について はこちら

 

 

本と野菜OyOy

京都市中京区烏丸通姉⼩路下ル場之町586-2

京都市営地下鉄「烏丸御池」駅直結 新⾵館1階

営業時間 11:00〜22:00

TEL 075-744-1727

 

佐藤由香子(さとう・ゆかこ)

京都「本と野菜OyOy」にて本の選書・売り場作り、運営を担当。
子供の頃から本はもちろん料理書が好きで、編集・メーカー企画販促・
カフェ・雑貨店・書店などで勤務。ずっと本と食に関する仕事に携わる。
大阪府出身で大阪と京都を行ったり来たり。
社会人と大学生の息子ふたりと三人暮らし+ねこ。

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ