【新刊イベント情報】12/24発売のストウブ本、著者大橋由香さんのオンライン料理セミナー(特典つき)があります!

編集部のつぶやき
2021.12.04


こんにちは、編集部の足立です。今年、憧れのストウブ鍋をようやく入手しまして(遅いですよね…汗)、おいしく煮込み料理などをちょこちょこ作っていた私ですが、偶然YouTubeで料理家・大橋由香さんの無水調理を拝見し、「どんなものかな?」と作ってみたのが無水煮込みとの出会い。

大橋さんのいちばんシンプルな無水煮込みは、使う調味料はなんと塩だけ。鶏肉、玉ねぎ、キャベツなどをストウブに重ねて入れ、塩をふり、あとはふたをして火にかければでき上がり(酒すらもなし…)。水を加えないで一体どんなお料理が…?と、ドキドキしながらふたを開けてみると…煮汁たっぷり、鶏肉はジューシーに、食べてみたらびっくりするくらい濃厚な味わいなのです!

もう、びびびっくり。あまりに感動し、これは本を作らせてもらうしかない!と、すぐにご連絡して実現したのが、12/24(クリスマスイブ)発売の新刊『「ストウブ」だから手間なしでおいしい無水煮込み』です。


既に10冊ほどのストウブ無水調理レシピ本を出されている大橋さん。無類の面倒くさがりの私の要望にお応えくださって、今回の本は未だかつてない材料の少なさと煮込み時間の短さ! 
巻頭の基本の無水煮込みは、メインの材料は3つ、煮込み時間わずか10分という手軽さ。15分以内の“さっと煮込み”は、煮込み時間3〜15分といいつつ、「煮込み3分火を止めて5分おく」といった手早さのものもたくさん。「忙しい人ほど、ストウブに頼ると料理がラクになる」という大橋さん、なるほど納得のレシピがずらりと並んでいます。
       
 

ちなみにレシピは、こんな感じでほぼすべてにプロセス写真つき! 具材の重ね方、その順番がとてもわかりやすくなっています。

もちろん、時間をかけてかたまり肉を煮る“ことこと煮込み”、野菜1つで作れる“パパッと煮込み”なども掲載されていて、バラエティ豊かなラインナップ。特にこの野菜1つで作る煮込みの章が秀逸で、校正をしながらあれこれ作らせていただきましたが、どれも本当においしい! 「ストウブは野菜がとびきりおいしくなる」と噂には聞いていましたが、はー、ここまでとは〜。きっと感動していただけることと思います。



このほか大橋さんおすすめの無水カレーやパスタソース、グラタン、ピラフまでご紹介している充実ぶり。ぜひたくさんの方にご覧いただけたらと思います。


そして!こちらの本つきのオンライン料理セミナーが、2022年1月22日(土)に開催されます。小田原の新鮮な地魚を使ったオリジナル無水煮込みレシピを、小田原漁港から大橋さんがライブでご紹介。小田原漁港からとれたての魚を直送してもらえる、「お魚直送プラン」もあるそうですよ。


先着200名様には、ストウブ本オリジナル特製ポストカード1枚をプレゼント。こちら、残りわずかとなっていますので、ぜひお急ぎくださいね。また、12月15日(水)までにお申し込みいただくと、本が大橋さんのサインつきに。早めのお申し込みがおすすめです!

◆イベントについての詳細・お申し込みは
小田急まなたび

これから冬本番、ほかほか体が温まる煮込み料理で、寒さを吹き飛ばしたいですよね!


photo:木村 拓(東京料理写真) styling:大畑純子

『「ストウブ」だから手間なしでおいしい無水煮込み』(主婦と生活社)


定価:1595円(税込)
ストウブのいちばんの特徴である「無水調理」。食材の水分を利用し、少しの調味料を加えることで素材のうまみが凝縮、びっくりするほどおいしい煮込みが作れます。身構えずに、冷蔵庫にあるものを入れて火にかけるだけでも、家族が喜ぶおかずが次々誕生!未だかつてない手軽さで試せるストウブレシピ集です。
煮込み時間たったの315分の「さっと煮込み」
使う主な材料は、3つだけ。調味料も特別なものは必要ナシ。それでも作れる、ごはんによく合うおかずがたっぷり!
時間はかかっても手間はナシ。煮込み30分以内の「ことこと煮込み」
加熱時間はやや長めだけれど、かたまり肉を使ったり、材料をごろっと大きいまま加えて作る、ボリューム感のあるおかずたち。
野菜ひとつで作れる副菜レシピ「パパッと煮込み」
あと1品ほしい時に役立つ、野菜1種類で作れる煮込み。塩、しょうゆ、みそ…そんなおなじみ調味料だけでも、ここまでおいしく!

このほか、無水で作るうまみが詰まったカレー、パスタ、グラタンのほか、ストウブが得意とする極上ピラフのレシピも掲載しています。

Profile

大橋由香

YUKA OHASHI

料理研究家、神奈川県厚木市のストウブビストロ「はるひごはん」店主。夫、高校1年生、中学2年生の男の子2人、2匹の猫と暮らす。調理学校を卒業後、フレンチレストランなどで経験を積み、結婚、出産を経て2014年にをオープン。企業とのレシピ開発、雑誌やWEBでのレシピ紹介、イベント講師等で活躍中。オンラインでの料理教室、YouTube「ずぼら料理教室」主宰。2011年よりツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパンから依頼を受け、百貨店での調理デモンストレーションを全国で開催。著書に『ストウブで無水料理』(誠文堂新光社)『無水調理で驚きのレシピ革命!ストウブはじめまして』(家の光協会)など多数。 
http://haruhigohan.com/
Instagram:haruhigohan

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ