「シンプルになる前に」…おすすめ帖vol.43

おしゃれさんコーディネート
2020.10.10


『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる「季節のおすすめ帖」連載コラムです。季節ごとのおすすめの品を月に2回、ご紹介しています。

************************* 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

洋服好きにとって、1年で一番楽しい時期は間違いなく今だと思います。冬が終わりを告げ、春を待ちわびるあの時間もワクワクする。でもやはり、大好きな洋服をこれから重ねていく、そしてそれを自由に想像できるこの季節は洋服好きにとってはたまらない。コートもある。セーターもある。でもそれだけではない。寒くなったらいきなりダウン?そんなのもったいない。

 

シャツ一枚で心地よい季節から、重ね着をいろいろ想像する。

 

今から穿いて冬も越せる少し変わった形のコーデュロイパンツにシンプルにロングシャツ。少しメンズライクな装いに何を重ねよう?

 

ベストはどうか。ロングシャツに負けないロングベスト。メンズにはないバランスだ。

 

ウールのベストなら、ストールがあれば軽いアウター代わりにもなる。見た目のウォーム感も十分だ。

 

他には何を重ねよう?

 

 

こんなのもいいかもしれない。誰とも被りそうにない。少し張り感のある生地もいい。着ていくうちに自分に馴染んでくる感触が最高だ。

 

 

ロングシャツがはみ出して、まるでオッドベストを着ている気分。コートを脱いだ時の雰囲気は大切にしたい。大人になるとシンプルになりすぎて、少しファッションを達観してしまう節がある。重ね着で鍛えてこそ、シンプルも光るというものです。きっとそういうものだと思います。「もうこれでいいや」って思わないこと。ずっとワクワクすることができること。ファッション以外でも大切ですよね。

 

 

さて、次は何を重ねようか?

 

 

そうだ、あのベストをワンピースに重ねてみよう。

 

 

また違った雰囲気が味わえる。

 

 

この前とは着るコートも変わるのかな。

 

 

まだ気温も上がったり下がったりを繰り返すこの時季。逆にベストを脱ぐこともある。

 

 

ワンピースとして着てみたり。

 

 

羽織として着てみたり。インナーにも変化を付けて楽しめる。

 

色もいろいろある。

 

 

オフホワイトは真っ白のワンピースに合わせてみることにした。

 

 

もちろんワンピースだけでも楽しめる。少し地厚なコットンなら、まだまだこれだけでも十分かもしれない。

寒くなったらまずはストール。コートの手前をとにかく楽しもう。洋服好きにとって最も楽しい季節を。

 

 

ストライプのロングシャツ:HAVERSACK ¥16,000+tax

コーデュロイパンツ:blue in green ¥24,000+tax

ウールベスト:khadi&Co ¥

ペイズリー柄のワンピース:maison de soil ¥30,000+tax

インナーのタートル:ゴーシュ ¥11,000+tax

白いワンピース:BLUE BLUE JAPAN ¥24,000+tax

ストール:COOVA ¥24,000+tax

刺繍バッグ:kahdi&Co ¥25,000+tax

 

←その他の「アナベル」の着こなしはこちらから

*編集部より 伊佐さんがこの秋注目している楽ちんパンツの着こなしを『ナチュリラ』vol.51秋号で特集していますよ。本誌のほうもぜひご覧になってみてくださいね! 

 

アナベル

神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 
東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分
℡:045-482-4026
営業時間:11:00~20:00 水曜定休
http://www.f6products.com/
https://www.instagram.com/annabelle_104/

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ