唐澤明日香さん おしゃれの10年変化 Vol.1

大人になったら、着たい服
2021.10.11

40代から50代へ。歳を重ねるにつれて、大切にしたいものが変わっていく……。
「ボンジュール・ビキ・ボンジュール」デザイナーの唐澤明日香さんに

今、おしゃれに求めるものについて伺いました。



甘すぎないけれど、
ちょっと女らしい。
そのさじ加減が、私らしさに


『大人になったら、着たい服』の創刊号で取材させていただいた唐澤明日香さん。当時、「ジルサンダー」のコートをパリッと着こなした軽やかな立ち姿が印象的でした。あれから10年。今、唐澤さんのおしゃれは、どう変わったのでしょうか?


左/初めて「ジルサンダー」で買ったスプリングコート。サイズ感がピタッと体に合った。 右/当時自転車通勤をするのに便利だった「ジルサンダー」のフードつきスプリングコート。


「10年前、40代の頃は、自分に似合うもの、好きなものを探っていた時代でしたね。ハイブランドにはほとんど興味がなかった私が『ジルサンダー』に惹かれたのは、ほかのブランドのように、これみよがしな主張がないところでした。シンプルな中に、洋服というよりは『もの』としての造形美が宿っていたり、素材へのこだわりがあったり……。当時のデザイナー、ラフ・シモンズ氏はインテリアデザインなども手がけていて、彼の考え方やつくるものが、私の好みにピタリと合ったんです」

「どうしてこの襟はこんなにきれいに立つのかな?」「どうして、このコートのシルエットは美しいのかな?」ということを、体を通して学んでいた時代だったのだとか。


リラックス感のある、身幅がゆったりしたブラウスに、リネンのワイドパンツを合わせて。メンズライクなシャツよりも、シンプルさの中にも、ひとさじ女らしさが宿るシルエットになっている。


そのころから「いつか洋服を作ってみたい」と思っていたそう。そして、2019年、いよいよ洋服のブランド「ボンジュール・ビキ・ボンジュール」を立ち上げました。

 

『大人になったら、着たい服 2021 春夏』より抜粋
photo:枦木 功(nomadica)、和田直美(創刊号分) text:一田憲子

 

→Vol.2に続きます

 

1022日(金)~25日(月)開催
「大人になったら、着たい服
@伊勢丹新宿店」もお楽しみに!

「ボンジュール・ビキ・ボンジュール」のアイテムの一部は、1022日(金)~25日(月)開催予定のお買い物イベント「大人になったら、着たい服@伊勢丹新宿店」でも販売予定です。イベントの詳しい内容は、三越伊勢丹オンラインストア特設サイトをご覧くださいね。

 

→その他の『大人になったら、着たい服』の記事はこちら

Profile

唐澤明日香

Asuka Karasawa

「サザビー」のインテリア事業部勤務を経て1996年、帆布でバッグを製作する「アトリエペネロープ」を立ち上げる。2019年に洋服のブランド「ボンジュール・ビキ・ボンジュール」をスタート。

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ