「春にたのしい妄想を」…おすすめ帖vol.78

おしゃれさんコーディネート
2022.04.09


『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる「季節のおすすめ帖」連載コラムです。季節ごとのおすすめの品を月に2回、ご紹介しています。

************************* 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

食わず嫌いとかあまりにも慎重でなかなか手が出せないことって色々な場面でありますよね。我が家は下の中学生男子の方がそのタイプで、ずっと苦手だと思い込んでいて食べたことがなかったものが大好きになったり、ずっとなんとなく敬遠していた絶叫系のアトラクションに乗ってみたら好きだったりとか。でも、苦手意識がある人の方がよく勉強していたりするし、いったん「大丈夫!」になった時の解放感がすごくて楽しそうです。洋服でもそんな開放感を味わっていただきたい。

 

 

こんな色で、ブカッとしたワークコートは、つい敬遠してしまう人もいるかもしれませんが、着てみたら最高に可愛らしい春コートに驚くかもしれませんよ。

 

 

「YARMO(ヤーモ)」は、イギリス国内生産を続ける数少ないファクトリーの一つです。数々の企業や公的なユニフォームを手掛けながら、ファッション業界にも長く定番的なワークウェア系のブランドとして名を馳せます。特に近年はレディースの需要の高まりから、日本では女性向けのデザインがとても充実しているように感じます。

 

 

まるでワンピースのような感覚で着ていただけるAラインの素敵なシルエットや、軽く立ち上がる襟元が可愛らしいデザインです。男女兼用で着ていただけるのも嬉しいところ。

 

 

足元のレイヤーが女性らしさを醸し出すコーディネート。

 

 

インナーは「SUSURI(ススリ)」さんの素敵なジャカードのワンピースを。さらにインナーパンツにはシルク混のレースが綺麗なパンツをチラリ。電車などで腰掛けた際に女子力が上がるスタイリングです。

 

 

一見難しそうに見えるライトブルーのコートも、心配している作業着感は全くなく、明るく若々しい印象が嬉しい色合いです。

 

 

何かを始めるのにちょうどいい春。このコートでなくとも、今まで気になっていたけど敬遠していた何かに、ぜひトライしてみてください。ポイントは、これでもかというほどのイメトレです。意外に楽しいですよ。

 

 

 

コート:YARMO ¥36,300(税込み)

 

発売中の『ナチュリラ』2022春夏号でも伊佐さんが提案する着こなしをご紹介しています。本誌もぜひご覧になってみてくださいね!

 

←その他の「アナベル」の着こなしはこちらから

アナベル

神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 
東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分
℡:045-482-4026
営業時間:11:00~20:00 水曜定休
http://www.f6products.com/
https://www.instagram.com/annabelle_104/

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ