色・柄・素材はさまざま!どれがお好み?「Napron」のPATIENTS BAG

今日のひとしな
2022.12.07

~「LIFETIME」より vol.7 ~


今月の連載では珍しく、みなさんも何処かで目にされたことはあるであろう人気アイテム「Napron(ナプロン)」の‟PATIENTS BAG”をご紹介。


デザインソースは実際に軍隊で使用されていたもの。USアーミーの人たちが貴重品や洗面具などの私物を入れて持ち運び使用していた巾着バッグです。別名・ホスピタルパーソナルバッグ。ベトナム戦争のころのものをミリタリーショップや古着店でたまに見かけます。


この柄は19世紀イギリスの詩人・デザイナーであるWilliam Morris(ウィリアム・モリス)の伝統的なコレクションの一つ、‟Willow Boughs(ウィローボウ)”のピンク色。

1887年にデザインされた‟Willow Boughs”は、ウィリアムモリスのデザインの中でも最も有名なデザインの一つ。ウィリアム・モリスの邸宅「ケルムスコットマナー」近くのテムズ川岸の柳を、自然主義的アプローチから見事に描かれています。モリス自身も好んだデザインで、妻ジェーンのベッドルームにも使われていました。単なる花柄ではない、高尚さのある逸品に仕上がっています。


(Acanthus や有名な Strawberry Thief⦅いちご泥棒⦆も。残念ながら完売……)


過去には、PENDLETON(ペンドルトン)生地で作られたり、今シーズンはアーガイル柄だったり、クラシックスタンダードなアプローチも見逃せません。


(今シーズン発売のコーデュロイ)

由来はオリーブ色のミリタリーバッグも、「Napron」の手に掛かればご覧の通り。カラフルで生地感も優しい印象に早変わりします。実際、インスタグラムで「#napron」で検索すると、このPatientsバッグを持った可愛い女子の写真ばかり出てきます。


そんなこともあり、バッグブランドと思ってご来店いただく若者が少なくありませんが、「Napron」はブランド名からもなんとなく推測できるとおり、エプロンを中心にファッションと作業着の中間の物づくりをするブランドです。機能を大切にした実用に耐えられる本物を、ファッショナブルなワークウェアではなくファッションとしてのワークウェアを作っています。


当店は、京都にあるとても小さなお店ですが、ワークエプロンの取り扱い数は国内屈指だと思うので、エプロンをお探しの方は是非チェックしてみてください。

Patients Bagで「Napron」を気に入った若者が、数年後に生活感が出てきたらこのエプロンを手に入れる……。それもありかな。

 

 

オンラインショップはこちらから

←その他の「LIFETIME」の記事はこちらから
←その他の「今日のひとしな」はこちらから

 

LIFETIME/ライフタイム(京都)

住所:京都市北区紫野上築山町21
電話:075-415-7250
(※少人数での運営の為、お電話に出られない時があります)
営業時間:13:00~17:00
定休日:水曜、日曜
HP : https://lifetime-g.com/
instagram:@lifetime.kyoto

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ