【教えて、かなさん! Vol.6】簡単なのにおしゃれ! 夏の“ワンツーコーデ”の作り方

おしゃれさんコーディネート
2019.05.27

「絶妙な大人カジュアルがかなう!」と噂のブランド「avecmoi(アヴェクモワ)」のプロデュースも手がけているスタイリスト・佐藤かなさん。本サイトでも大人気の『教えて、かなさん!』シリーズも、今回で6回目。初夏を目前にした今、知りたいのはラクなのに、素敵に見える“ワンツーコーデ”のテク。かなさんのおしゃれプランの中には、そのヒントがたっぷり詰まっていました!



「季節を問わず、シンプルなコーディネートが好きですが、暑い夏は、とりわけその気分が高まりますね」と、かなさん。トップスとボトムを1枚ずつ組み合わせるだけで完成する“ワンツーコーデ”を作るときに、意識していることは?
「2アイテムのどちらかに、“着映えポイント”がある服を選ぶことです。袖にちょっとしたインパクトがあるものや、パッと目を引く色柄を取り入れるようにしています」
今季、ワードローブ入りした服を見せていただいたところ……

_MG_3405
確かに、どれも見ているるだけでかわいさが伝わってくるものばかり。これらをどんなふうにコーディネートするのが気分なのか、教えてもらいました。

TYPE 1
1枚で着映える
ふんわり袖のブラウス

「気づいたら、トップスはふんわり袖のものばかり作っていました」と笑うかなさん。1着めは、このクリーンな白ブラウス。
「裾にフリルが施されたキャミワンピースを重ねれば、女性らしさあふれるスタイルに。モノトーンでまとめて、甘さを抑えました」

_MG_2904
麻混トップス 4,900円
すそにフリルキャミワンピース 9,800円
その他 私物

 

ふっくら袖の秘訣は、袖口に入ったこまかいギャザーと、シャリ感のある麻混のコットン素材。

_MG_2949
「存在感のあるブラウスなので、定番のデニムパンツと合わせてもサマになるのがうれしいですね」

_MG_2856
麻混トップス 4,900円
麻混デニムパンツ 7,200円
その他 私物

 

もう1着は、夏ならではのさわやかさを演出してくれる、ストライプ柄のブラウス。
「黒のキュロスカートで引き締めつつ、スニーカーでカジュアルに仕上げるのが気分です」

_MG_3014
スモックブラウス 6,900円
ギャザーワイドキュロスカート 6,900円
その他 私物

 

「袖口の後ろ側に隠しゴムが入っているので、たくし上げると、よりバルーン感が増して雰囲気が変えられるのが気に入っています」

_MG_3066


TYPE 2
重ね着にも効く
涼やかワンピース

かなさんにとって欠かせないアイテムといえば、ワンピースですよね?
「はい! 1枚でサラッと着るのも好きですが、よりカジュアルめにシフトしたい日は、あえてデニムパンツを加えて裾からのぞかせます」

_MG_3121
麻ワンピース 7,900円
麻混デニムパンツ 7,200円
その他 私物

 

太番手の糸で織られた風合い豊かなこの生地は、吸湿速乾性にすぐれ、風通しもいいリネン100%。

_MG_3412
「パッと目を引く、きれいな赤というのも魅力です」


<次のページへ続きます>

1

2 NEXT
avecmoi(アヴェクモワ)

TEL:0120-924-211(固定電話)
TEL:0120-024-211(携帯電話)
公式オンラインストア:https://feli.jp/s/krashi_am190527/17/
公式インスタグラム:@avecmoi_kana

Profile

佐藤かな

Kana Sato

明治学院大学フランス文学科卒業後、スタイリストの道へ。現在は、雑誌や広告のスタイリングを中心に活躍中。自身の大人カジュアルな私服や、長年の趣味が高じて出版したソーイング本も大人気。2018年より、フランス語で“私と一緒に”を意味するブランド「avecmoi(アヴェクモワ)」のプロデュースを開始。リーズナブルでありながら、質の良さにこだわった“いま本当に着たい”服作りが、高い支持を集めている。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ