“色合わせで” 失敗しない ―「neulo」デザイナー 熊谷美沙子さん

ナチュリラ
2019.07.16


小さいころ、いちばん好きな色は茶色だったという、根っからのベーシックカラー好き。そんな熊谷さんの今のワードローブも白・黒・ベージュが中心で、ワントーンで組み合わせることが多いため、毎朝の服選びにも迷わずにすむのだといいます。

洋服を買うときの軸は、どこかひねりのあるアイテムかどうか。その代表選手が、素材をかえて一年中愛用しているという「コズミック ワンダー」のラップパンツです。

DMA-029
白いリネンのブラウスに、「コズミック ワンダー」のベージュのパンツを合わせたやさしい色合いのお出かけスタイル。ストローハットで夏らしさをプラスしたら、バッグとサンダルの黒で全体をキリリと引き締めるのがポイントです。

そして、この夏新たに挑戦したのがチェックのロングスカート。

「柄物はめったに買わないのですが、ちょっと冒険したくなって。そんなときも自分の定番色から選び、トップスとボトムを同系色で揃えると間違いないことがわかりました(笑)。ベーシックカラー同士でもアイテム次第で飽きずに楽しめますね」

DT-059
幅広タックでストンと落ちるシルエットがきれいなチェックのスカートを主役に。トップス、リュック、サンダルを同系色でまとめたワントーンコーデなら甘くなりすぎず着こなせる。ストローハットで軽やかな印象も添えて。

「ナチュリラvol.46」より
photo:大森忠明 text:津田美咲

→その他の「ナチュリラ」の記事はこちらから

Profile

熊谷美沙子

Misako Kumagai

「ネウロ」名義で、世界中から集めた羊毛を使ったタペストリーを製作。夏に受注会を検討中、詳細はインスタグラムにて。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ