後ろ姿に自信をもてるスカート

おしゃれさんコーディネート
2019.08.21

~「madrigal(マドリガル)」秋の着こなし~


今週、毎日お届けしている、大阪のセレクトショップ「マドリガル」の「おしゃれさんコーディネート」。いまの時季、気になる秋物を5日連続ご紹介いただきます。3日目のテーマは、意外と見られている後ろ姿についてです。


・・・・・・

後ろ姿が印象的な人っていますよね。立ち姿がきれいだったり、仕草が上品だったり。思わずお顔をのぞきたくなるくらい。

見られていないようで、実は人からよく見られている後ろ姿。誰かの目にも楽しく映る、そんな服があれば嬉しい。そう思っていたら、素敵なスカートを見つけました。

no6
動いたあとに残る余韻、その一瞬の残像が印象的なスカート。まるで映画の素敵なワンシーンがずっと忘れられないように、その後ろ姿は心に強い印象を残します。

no7
そのスカートのウエストから流れるラインは、体型にコンプレックスのある私の下半身もカバーしてくれて、とても頼もしいスカート。流れる(フロー)という意味で「フロースカート」と呼ばれています。

no5
前は裾に向けてやや広がっている台形型。横から見ると、前から後ろに向けて長くなるスカート丈。年齢を重ねると、広がりが少ないと地味だし、多いと可愛くなりすぎる。スカートのシルエットは、こだわりたい重要ポイントなのです。

no8
「フロースカート」のコンサバすぎず、モードすぎずのちょうどいいドレープ感は、横顔もとっても素敵にみせてくれます。

no2
腰がキュッと内に入って、背筋もピンと。これは、スカートのドレープのおかげ。このドレープ加減が絶妙なのは、あの「ブラックドレープワンピース」と同じ、立体裁断の手法で作られているから。

no3
ハンガーにかけているだけで、こんなにドレープが滑らかに流れていることに驚き。計算された生地使いで作られているから、着用しても形が崩れません。人が着用して動いたら、その魅力をさらに発揮してくれます。

no1
もう一つ嬉しいのが、ウエストからお腹あたりの安定感。スカートって、ウエストベルトで締め付けられて、お腹がぽっこり見えちゃう……なんてときがあります。でも「フロースカート」は、緩やかにゆとりを入れつつ、ウエストから裾まで一枚布で作られているから、ぽこっとせず、スッキリすーっと補正してくれます。

動くたび揺れて流れるラインは、はいていてなんとも心地いい。後ろ姿から、その人自身の印象も変える「フロースカート」です。

フロースカート ¥38,000 / support surface

カーディガン ¥42,000 / support surface

シューズ ¥69,000 /ATELIER INSCRIRE

 

←その他の「マドリガル」「ステンカラー」の記事はこちらから

madrigal(マドリガル)北店

大阪市北区西天満2-8-1 大江ビルヂング 1F
TEL:06-6361-0281 or 06-6312-4531
MAIL:kita@madrigal.jp
http://www.madrigal.jp/
ブログ http://www.madrigal.jp/days
インスタグラム「@madrigalkita
オンラインストア http://www.madrigalyourline.jp/
メールマガジン登録 https://c09.future-shop.jp/fs/madrigal/MailMagazineEntry.html

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ