着こむほど、洗うほどに、ふっくらあたたかい最強ニット

おしゃれさんコーディネート
2019.11.24

 

←Vol.15はこちらから


こんにちは。11月の「おしゃれさんコーディネート」の担当、浜松の「FUNKADELIC(ファンカデリック)」神宮寺です。
季節ごと担当させていただきましたこちらの連載も今回で最後となりました。
最後なのでちょっと力が入り長くなってしまいました。

ここ数日で秋から冬の空気へ変わってきた11月の後半。
暖かいものが本格的に恋しくなってきます。

寒いのは苦手ですが、秋冬物のふくふくと暖かな素材はとても幸せな気持ちになります。

sIMG_9875
今回はここ数年「FUNKADELIC」で定番化している、「FACTORY(ファクトリー)」のニットと「R.U.(アールユー)」のサイドゴアブーツをご紹介します。
「FACTORY(ファクトリー)」の方達が直接モンゴルの奥地まで足を運び、良質な原毛を選び、つくられたニットたちは驚くほどの軽さと暖かさ。
チクチクも感じず、着込むほど、洗うほどにふっくらとしていきます。丈夫で毛玉にもなりにくく、自宅でお洗濯しても型崩れもないのも日常で着るニットにとってはとても嬉しいポイントです。
「最強ニット!」勝手にそう呼んでいます。

sIMG_9833
キャメル色のセーターはモンゴル、ゴビ砂漠に生息するフタコブラクダの毛を100%使用。染めたりしていない本物のキャメル色です。
(染めたり漂白していないということで商品の表記は「生成り」となります)

100kgの原毛からわずか40kgしか採れない希少な柔らかい素材。
マイナス40度を下回る寒さと乾燥した気候に適応するためたっぷりを油分を含んだ素材をふっくらとしなやかな風合いに仕上げています。

sIMG_9994
こちらは浅めのVネックが上品な片あぜ編みのセーターです。
身幅、アームホールはゆったりでルーズな動きがきれいです。

sIMG_0170
背中の浅めのVも良いアクセント。
着丈も程よく、様々なボトムに合わせやすいです。

しっかりと肉厚感はあるのにとても軽く、本当に暖かで…真冬にはもう手放せません。
購入した年がとても寒い年だったのでこれしか着られなくなってしまったほどでした。
特別感のある冬を楽しめる上質なセーターです。

元々、このセーターは次に登場する「ヤク」の糸で作られているのですが、「キャメル」の糸で作られたものは「FUNKADELIC(ファンカデリック)」の別注品となります。今シーズンはブラックとこの生成り(キャメル)との2色展開です。

sIMG_0154
合わせたストールは「loomer(ルーマー)」のヤクのストール。
仕上げにダンブラー加工で毛をより膨らませることによりふわふわな仕上がりです。
こちらも原毛そのままのカラーです。

sIMG_0156
上質な「キャメル+ヤク」の組み合わせ。極上の暖かさです。
ふわふわに包まれると心穏やかになれそうです、笑。

sIMG_9844
*インナーにはLAITERIEマハラニフライスVネック8分袖が前後のカットもぴったりでおすすめです。

 

sIMG_0196
先ほどのセーターと同じデザインのセーターと同素材の大判のストール。
こちらもモンゴルの奥地に生息するヤクの毛を使用しています。
100kgの原毛から20kgしか採れない本当に希少な素材です。
原毛そのままのニュアンスのあるグレージュのような色も素敵です。

sIMG_0206
このセーターはこちらの連載の1回目にも登場しました。すでに懐かしい感じです。
あの時は春に向かう時、今回は冬に向かう時。
合わせるものが変わってきます。

sIMG_9882
ヤクは独特の縮絨加工により、ふっくらと仕上がっています。
厳選された上質なヤクのセーターは、試着したお客様の顔がほころぶほどにふわふわです。

sIMG_0210
以前は、セットアップやアンサンブルなど、まとまりすぎるスタイルが苦手だったのですが、大人になった今は、セットアップやアンサンブルが上品で素敵だなと思うようになりました。
気持ちや好みは年齢で少しつづ変わっていくものだなと日々感じます。
とは言え、「様々なブランドでスタイリングすること」「どこかに抜けをつくること」は変わらないようです。

sIMG_0222
このような少しゆったりしているセーターの上にもまるでかさばらず楽にきられるのが先週ご紹介したコート。
『寒波も怖くないコーデ!』です。

今年は最強ニットに新たな仲間が登場しました。
これぞ本当に最強かもしれません。

sIMG_0248
ヤクのVネックリブニットワンピースです。腰まわりまで暖か~です。

sIMG_0232
これまたと~っても柔らかいので2wayで着られるなと前後反対にも着てみました。

sIMG_0262
やはり後ろVもいいです。in に来たのも2wayで着られるカットソーです。
グリーンをスパイスに。

sIMG_0276
このワンピースと大判ストールだけでも相当な暖かさです。
縦長 I ラインですっきりとします。

寒い冬を暖かく包んでくれる「FACTORY(ファクトリー)」のニットたち。
ここからの本格的に寒くなる3ヶ月にとてもおすすめです。

「FACTORY(ファクトリー)」のニット類は『高いけど安い』と以前ご購入いただいたお客様がポツリとおっしゃりました。
その表現、確かに! と思いました。

sIMG_9814
今シーズンで5年目のお取り扱い。じわじわとご好評いただいている「R.U.(アールユー)」のサイドゴアブーツです。
「これがあれば冬の足元はもう迷わない!」
冬の着こなしのキーアイテムになってくれるサイドゴアブーツです。
革を水にくぐらせることで表現できる丸みや直線、
光と影を活かし完成した靴をカンパスに見立てて絵を描くように仕上げたDESSINシリーズ。
独特の存在感を放つブーツに仕上がっています。
見た目のかっこよさはもちろんですが、足を入れた時のその包まれるような履き心地の良さには本当に驚きます。

sIMG_0156_1
丁寧な手仕事により履きやすく、とても絵になる佇まいの靴。
足元がきまると、スタイリングの完成度がグッと高くなります。

自分の足になじませて、少しづつ育てていきたい靴です。
ブランド側でソールの交換もできますし、靴の修理屋さんなどで初めから薄いラバーを貼っておくとソール交換の時期もぐっと伸ばせますのでそちらもおすすめです。

今回ご紹介のものはどれもお値段が少し張りますが、着たり履いたりしているとその素材や作りの良さ、合わせやすさや使い勝手の良さに、『決して高くなかったな』と思わせるだけの力があります。
1年のご褒美に。。。冬支度の候補に。。。

 

さて、最後の浜松紹介は、2件あります。1件目は浜松市ではないのですが…お店からもさほど遠くない(車で30~40分くらい)、『とんぱ hanare』です。

底抜けに明るくパワフルな店主「はーちゃん」が営む『とんぱ hanare』は、作家さんの器やアクセサリー、店主自ら買い付けるヨーロッパのアンティーク、韓国の古いもの、オリジナルの洋服など多岐にわたるセレクトが魅力のお店。

sIMG_8487
この日は作家さんの個展の最中でした。
コートの撮影も兼ねて遊びに行ったら、ちょうど人気のプロカメラマンのりほさんがいらっしゃって、はーちゃんのはからいで撮ってくださることに!
いやはや、やはりプロはすごい…(割り増し感が、笑)
個展や楽しいイベントなども多い『とんぱ hanare』、現在は不定休なので、行かれる際はSNSなどチェックしてくださいね。

最後は『酵素玄米が食べられる菜食cafe KURIYA(クリヤ)』です。

sIMG_4938
食べ物で締めるあたり私の食いしん坊が出てしまいました。
お料理が美味しいのはもちろんですが、全てにおいて気持ちが行き届いているとてもあたたかいお店。
今月もう1回行きたいくらい美味しかった今月のメニュー。(多分行きます)
*きのこフライ青のりかけ
*蓮根のもちきびはさみ焼き
*インゲンとカボチャの黄金和え
*里芋とたたき梅のマッシュ
*冬瓜と厚揚げ乃ピリ辛味噌煮
*白菜のミカン漬け
*酵素玄米 お味噌汁

11月から突然始まった浜松紹介。1番目のシュシュさん以外は全て友人が営むお店ですが、それぞれどこも店主の魅力的がたっぷりと詰まった素敵な場所です。皆、本当に働き者でいつも刺激と活力、癒しをもらいます。
お近くにいらした際は是非行ってみてくださいね!


今年は季節ごとに「おしゃれさんコーディネート」を担当させていただき、たくさんの皆様が「FUNKADELIC(ファンカデリック)」を知ってくださり、とても充実した時間を過ごさせていただきました。
これからも自分なりの目線で大人の心地よさや素敵を、皆様にご提案できるよう頑張ります。

最後に暮らしとおしゃれの編集室のみなさん、「FUNKADELIC」を見つけてくださった担当の木村さん、本当にお世話になりました。ありがとうございました!

 

<商品クレジット>

・キャメルのニットコーデ・
キャメルVネック片あぜセーター ¥29,000+tax / FACTORY
Yak Stripe Stole ¥25,000+tax / loomer
EASY PANTS WOOL ¥18,000+tax / ordinary fits
サイドゴアブーツ ¥48,000+tax / R.U.

・ヤクのニットコーデ・
Yak Vネック片あぜセーター ¥32,000+tax / FACTORY
Yak大判ストール ¥20,000+tax / FACTORY
Chino Stretch Pants ¥20,000+tax / Veritecoeur
Loden Wool WRAP UP COAT ¥59,000 +tax / Luv our days
Cuez Watch ¥4,900+tax / Nine Tailor
Yak Vネックリブワンピース ¥43,00+tax / FACTORY
two-tone milled stole ¥31,000+tax / LOCALLY
2wayプルオーバー ¥4,900+tax / NOUVELLES DU PARADIS
HORSE LEATHER DRAW STRINGS SHOULDER ¥20,000+tax / ARTS AND CRAFTS

→そのほかの「FUNKADELIC(ファンカデリック)」の着こなしはこちらから

FUNKADELIC (ファンカデリック)

静岡県浜松市中区佐鳴台4-11-1
Tel:053-451-6139
定休日:水曜日、木曜日(祝日を除く)
営業時間:11:00~19:00
HP:http://www.funkadelic.jp/
Online store:http://www.funkadelicstore.jp/
instagram:@funka_select 

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ