軽い素材の黒を基調に

おしゃれさんコーディネート
2020.04.26

大阪・箕面「ALPOA(アルポア)」 vol.8

←vol.7はこちらから


大阪・箕面「ALPOA(アルポア)」の山本えりです。春はペールトーンや淡いアースカラーなど、色が綺麗なものを見つけるとテンションが上がりますね。そんな装いを楽しみながらも、やっぱり私たちが好きな黒はシーズン通して着ていたいカラーなんです。そこで今回は、軽い素材の黒を基調とした重ね着コーディネートをご紹介したいと思います。


まずはタイローブとワンピースを重ねたコーディネートです。


タイローブは「R&D.M.Co-(オールドマンズテイラー)」のブラックリネンのものです。このブランドが最も得意とするコチラのリネン素材の軽さとしなやかさと適度なシャリ感には惚れ惚れします。


ローブの下のワンピースには、小紋柄をあしらった「NEEDLES(ニードルズ)」のVネックドレスを合わせました。薄手のジャガードの生地がとても綺麗で、少し光沢感もあるワンピースなので、どちらの素材感も引き立て、重くなりすぎない印象に仕上がります。


足元は「Hender Scheme(エンダースキーマ)」のボリュームあるサンダルでバランスをとりました。「Hender Scheme(エンダースキーマ)」オリジナルの厚底ソール(通称:かまぼこソール)やスムース、ハラコ、パテント、色々なレザーが使われたアッパーで、ワンピースの柄にも負けず、軽い素材の服にほどよく奥行きをもたせてくれます。靴下を合わせても、素足で履いても素敵なので、暖かくになるにつれてどんどん出番が多くなるサンダルです。


カバンはステッチワークが印象的な「TYPE(タイプ)」のショルダートートで、色違いで黒もあるのですが、今回はあえて白を選びました。黒で統一するのもカッコイイですが、足元を素足で軽い印象にしたように、カバンも潔い白を合わせると清潔感とメリハリがでて、春らしく明るい印象になります。


続いてはリネンのオールインワンを使ったリラックス感のあるコーディネートにしてみました。


タイローブは先ほどと同じ「R&D.M.Co-(オールドマンズテイラー)」のものを合わせています。


リネンのオールインワンはVol.4でご紹介した「Worker’s Nobility(ワーカーズノビリティ)」のオールインワンの色違いです。ラフなデザインのオールインワンに、綺麗なシルエットのタイローブを重ねると、幼い印象にならずに着こなせます。帽子やスニーカーも黒で合わせると、リラックスな中にも少し凛とした雰囲気にまとまりました。


黒のスニーカーは「NOVESTA(ノヴェスタ)」のマラソンモデルで、スウェードとナイロンのコンビや、黒とグレーの配色が絶妙です。フォルムが綺麗で足がスッキリと映るので、服がカジュアルなイメージの時もモードなイメージの時も合わせやすいスニーカーです。軽くて歩きやすい所もついつい選んでしまう理由です。


最後にご紹介するのはワンショルダーのワンピースに表情のあるレザーアイテムを合わせたコーディネートです。



ワンショルダーのワンピースは「OUTIL(ウティ)」。エプロンのようなラップワンピースは色々なスタイルに合わせやすく、足元を肌が見える靴にするとスッキリと女性らしいスタイルにまとまります。



シンプルなカットソーやパンツに重ねるだけで、趣きあるスタイルに仕上がるアイテムですが、今回は同じく「OUTIL(ウティ)」のロングシャツワンピースに重ねました。左右が異なる仕様で作られたシャツワンピースなので、ワンショルダーから覗く衿元をよく見ていただくと……。


カバンはvol.6でもご紹介した「Aeta(アエタ)」のバスケットですが、黒い服に合わせても表面のレザーの編み目やデザインが綺麗に映えて素敵です。

今回のコーディネートを組んでみて、やっぱり黒が好きだなぁ、落ち着くなぁ、かっこいいなぁと再確認してしまいました。4月の4回の掲載(vol.5~vol.8)はモノトーンなスタイルが多くなりましたが、その中に靴下やアクセサリー、ネイルなどの差し色でペールトーンやハイトーンの色を組み合わせても素敵だと思います。春の装いの参考に少しでもなれば、嬉しいかぎりです。それでは次回は7月にお会いしましょう!(その頃はもう季節は夏なんですね……)

撮影:山本 幹 モデル・文:山本えり


coordinate item
タイローブ:「R&D.M.Co-」LINEN TIE ROBE ¥45,000+ tax
ワンピース:「NEEDLES」V Neck Dress - Fine Pattern ¥28,000 + tax
カットソー:モデル私物
シューズ:「Hender Scheme」tortoise / black ¥36,000 + tax
バッグ:「TYPE」CANVAS TOTE TYPE-004 ¥11,000 + tax

coordinate item
キャップ:「unfil」open-end spun cotton ribbed-knit beanie ¥5,500 + tax
タイローブ:「R&D.M.Co-」LINEN TIE ROBE ¥45,000+ tax
オールインワン:「Worker’s Nobility」Overall ¥29,000+ tax
カットソー:モデル私物
シューズ:「NOVESTA」MARATHON CLASSIC BLACK ¥20,000 + tax
バングル:「TAGAMI」STUDS BANGLE - NATURAL ¥22,000+ tax

coordinate item
ワンショルダーワンピース:「OUTIL」ROBE ULM ¥30,000+ tax
シャツワンピース:「OUTIL」CHEMISIER CHIS ¥32,000+ tax
シューズ:「CABOCLO」SHOE 51 ¥19,800 + tax
バッグ:「Aeta」LIDDED BASKET M (KG11) ¥45,000+ tax

 

←その他の「ALPOA(アルポア)の記事はこちらから

アルポア

大阪府箕面市船場東1-9-6 南側1F
TEL:072-744-7739
open:12:00~19:00
木曜定休
HP:https://store.alpoa.jp/
Instagram:@alpoa_minoh 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ