夏のワンツーコーデに、ひとひねりスカートを

おしゃれさんコーディネート
2020.05.24

北海道「and ordinary.(アンドオーディナリー)」の着こなしVol.8 

←Vol.7はこちらから

北海道むかわ町にあります「BROWN and ordinary.」鎌塚です。
前回「Sashiki(サシキ)」さんの麦わら帽子の記事は、多くの方に読んでいただき大変ご好評いただきました。ありがとうございます。

北海道でもようやく温かい日が多くなってきまして、お店では半袖やショートパンツ、スカートといった夏アイテムのお問い合わせも多くなってきました。今回は、当店で人気の2つのスカートを主役にしたコーディネートをご紹介します。


最初にご紹介するのは「Nigel Cabourn Woman(ナイジェルケボーンウーマン)」の定番アイテムである“ARMY KILT SKIRT”。


ヘリンボーンとツイル生地のクレイジーパターンの組み合わせですが、同色で合わせているので派手さはありません。しかし一枚でしっかりとアクセントになる、存在感のある作品です。


生地はコットン100%を使用していますので、長いシーズンご着用できるのもおすすめポイント。白のバンドカラーシャツをアウトさせて、ラフだけどキリっとした雰囲気も漂う着こなしに仕上げました。


合わせたトップスは「AU GARCONS(オーギャルソン)」のシャツ"AUBIN"。職人がじっくりと時間をかけて織り上げるコットン生地は肌なじみがよく、使い勝手も抜群で重宝します。


次は、同じトップスに「jujudhau(ズーズーダウ)」の"KINCHAKU SKIRT"を合わせてみました。こちらもまたブランドを代表するおなじみの作品ですが、毎シーズン様々な生地でオーダーしているのでその都度のお楽しみなんです。


筒状の長方形のデザインをギュッとウエスト紐で絞って着用いただきます。


ストレートに落ち感のあるシルエットなので、体型を選ばずに着られるのが人気のポイントです。


スカートのシルエットがかわいらしく、同じバンドカラーシャツを合わせるとほんのり甘辛な大人の着こなしを楽しめます。


こちらは、一番初めにご紹介した「ナイジェルケボーンウーマン」のARMY KILT SKIRTの色違い。オリーブグリーンのおかげでミリタリー感が出て、パターンもはっきりするので合わせるトップスはこのくらいシンプルでも。


シンプルな組み合わせですが、しっかりとしたコーディネートになっているのがお分かり頂けると思います。


合わせたトップスは「Blurhms(ブラームス)」のサーマルTシャツ。ブランドの定番アイテムですが、毎シーズン展開される異なるカラーがお楽しみポイントの一つ。


同じサーマルTシャツで、「ズーズーダウ」の“KINCHAKU SKIRT”を LINEN H.B. BLACKに変更してみました。カラーがブラックなることでぐんととシックに、大人な雰囲気になります。


リネン100%のヘリンボーン生地は「ズーズーダウ」でも人気のファブリックで、当店でも色々な作品でオーダーして生産していただいています。リネン100%ですが厚手なので、当店のお客様は1年中ご愛用されている方が多いですね。


トップスは同じでも、スカートを変えると様々な雰囲気が楽しめるということをご紹介しました。皆さんの夏のコーディネートの参考にして頂けたらと思います。


コーディネートアイテム
1
シャツ:「AUGARCONS 」21,000+税
スカート:「Nigel Cabourn Woman」32,000+税

2
スカート:「jujudhau 」17,500+税

3
Tシャツ:「Blurhms」10,000+税
スカート:「Nigel Cabourn Woman 」32,000+税

4
スカート:「jujudhau」19,000+税

and ordinary.

●札幌店
札幌市中央区南1条西1丁目2 大沢ビル6F
TEL: 011-206-6629

 

●むかわ店”BROWN and ordinary”
勇払郡むかわ町末広2丁目29

 

http://and-ordinary.blogspot.com/
Instagram:@andordinary 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ