「James Mortimer(ジェームスモルティマー)」のバンドカラーシャツ

今日のひとしな
2020.07.28

~ 「sauk」より vol.28 ~

老舗とか、伝統とか、クラシカルとか、そういった類の歴史を感じさせてくれる服や雑貨が好きです。
 
 
1894年にアイルランドで創立されたシャツメーカー、「James Mortimer(ジェームスモルティマー)」もその中の一つ。職業柄、いつも服の内側を確認してしまうのですが、「James Mortimer」は特に、その縫製へのこだわりを感じることができます。
 
 
地縫いという、前後の脇部分を合わせる縫製には、シャツ専用のチェーンステッチミシンによる2本針を使用。国内のドレスシャツにはあまり見かけない仕様ですが、そうすることによって、着用や洗濯によるダメージに耐久できるように強度を高めています。
 
また、ディティールにもクラシカルな部分を随所に感じることができます。ストライブの柄合わせの緻密さや、袖口の両方についた釦ホール。釦ホールに関しては、手持ちの少ない庶民が晴れの日用にカフスリンクを付ける為とも言われており、当時の社会の様子が伺えてたまらない気持ちになります。歴史のある服ってドキドキしますね。
 
 
さて、生地は主にリネンの最高峰といわれるアイリッシュリネンを採用。ソフトな肌触りと光沢感、コシの強さが特徴です。わかりやすく上質です。洗いをかけるほどに、しなやかさが増します。
 
当店では馴染みの良いキャラメルやコーヒーなどのカラーが人気。ありそうでなかなかない、美味しそうなカラーですよね(笑)もちろん定番のブラックもスマートで格好良いです。
 
 
どちらも、刻印のある釦とグリーンのガゼット(前後合わせた裾の補強部分)がポイントに。当時の庶民のように晴れの日にカチっと着てもよし、普段着にラフに着てもよし。
 
たくさん着て、共に時を重ねていきたい一枚です。


←その他の「sauk」の記事は
こちらから

sauk(ソーク)

千葉県佐倉市鏑木町405-7
電話:043-481-0778
営業時間:営業時間 10:00~16:00
定休日:水曜
https://sauk.official.ec/
instagram:@sauk_official@sakurai_sauk

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ