畑の野菜で朝ごはん

器店主の朝ごはん
2021.01.24

「うつわと暮らしの道具 凛」小滝昌子さんvol.4

こんにちは。
大阪府富田林市で「うつわと暮らしの道具 凛」というお店をしています小滝昌子です。

朝ごはんのご紹介もとうとう今日で最終日。それでは、よろしくお願いします。

自宅の庭先に小さな家庭菜園コーナーを作り、そこで大葉や枝豆、ミニトマトなどを育てていましたが、もう少し大きな場所で土と触れ合い、季節ごとの野菜を育て、その恵みをいただきたいね。と、昨年から畑の一角を借りて家で食べる野菜を育てています。
今日はその畑で収穫した野菜たちで作ったおかずの朝ごはんです。

天気の良い日には、お散歩気分で畑に向かいます。道すがら、あたりに咲く花や空を眺めながら歩くと、気分も上向きに、身体もぽかぽかと心地が良いです。

この日の朝ごはんは、さつまいものバター醤油煮、春菊と切干し大根の和え物、パプリカのだしオイル浸け、ミニトマト。
それと子供の頃、運動会やお花見のときによくほおばっていた、焼き海苔でぐるっとごはんを包んだ大好きな思い出のおにぎりとオニオンスープ。

一品一品はごくごく素朴なものですが、
洗濯、お風呂掃除、お弁当作りなどを忙しくこなしながら毎朝食卓に並べてくれていた母が作る朝食がこんなメニューだったので、私にはとてもほっとする献立です。
おかずはだいたい作り置きのものですが、もちろん毎日あれこれおかずを並べられているわけではないので、こうやって大人になってはじめて淡々と暮らしを紡いでくれていた親の偉大さを知る。そんな日々です。

旬のものをいただき、季節を充分に感じ、そのときどきを楽しむ。
これがお店を営むうえでの私が大切にし、皆様とともに分かち合いたいと思っている想いです。

最後に、この日の朝ごはんに使用したうつわのご紹介です。

おにぎりなどのプレートに(奥村陶房さん) 
パプリカのだしオイル浸けに(田中俊介さん)
オニオンスープに(境道一さん) ソーサーに(田澤祐介さん)
スプーン(平岡正弘さん) お箸(鈴木努さん) お箸置き(水垣千悦さん)
グラス(西山芳浩さん) 
でした。

今回の器のイチオシは、境道一さんのスープカップです。ミモザの木を灰にして釉薬にされたという、柔らかな色合いと、口幅が広く重心が低い器のフォルムがとてもかっこいい器です。スープ以外にも、サラダやグラノーラなど、色々楽しめる形だと思います。

一か月間、つたない文章でしたがお読みいただき本当にありがとうございました。
いつか、店頭で皆様とお会いできる日を楽しみにしています。
皆様の毎日の暮らしが、豊かで味わい深いものでありますように。

→「うつわと暮らしの道具 凛」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

うつわと暮らしの道具 凛

大阪府富田林市高辺台2丁目31-8
TEL:0721-28-2188
営業時間:11:00~16:00
OPEN:水曜日 、木曜日、金曜日、第3土曜日
(常設期間と展示会期間でご来店方法が異なります。詳しくはHPをご覧くださいませ)
定休日:HPの営業日カレンダーをご確認ください
https://utsuwayarin.tumblr.com/
ネットショップ:https://utsuwayarin.shop/
Instagram:@utsuwaya_rin

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ