当店の喫茶でも人気です「Joki Coffee(ヨキコーヒー)」のコーヒー豆

今日のひとしな
2021.03.08

~「nagaya.」よりvol.8 ~

「nagaya.」では、雑貨などのほかに、四国と瀬戸内の‟美味しいもの”も販売しています。今回は「nagaya.」の喫茶でも使用しているコーヒー豆のご紹介です。

今の店を始める前(徳島県にUターンしてすぐの頃)、徳島県三好市というところで「地域おこし協力隊」というお仕事をしていました。その頃知り合った方は今でもお付き合いがある方が多いのですが、その「地域おこし協力隊」の仕事を通じて知り合ったのが、高知県の「Joki Coffee(ヨキコーヒー)」の大下健一さんです。

大下さんは東京でバーテンダーや「D&DEPARTMENT」等のカフェで経験を積んだ後、奥様のご実家がある高知県へ移住。コーヒーの焙煎を始め、店をオープンされました。お店の名前は、「Joki Coffee」。‟Joki”はフィンランド語で「川」という意味で、その名前通り、店の横には四国一の大河の吉野川が流れています。

様々な豆を焙煎されていますが、「nagaya.」でお取り扱いしているのはブレンドの2種類。

深煎りが好まれる徳島で人気なのは、アデリーブレンド。

「アデリー」ペンギンが、群れを離れ南の島に辿り着き、南極のかち割り氷でアイスコーヒーを飲む。そんなイメージだそうです。深い煎りですが香ばしく、甘みも感じられるブレンドです。

若い方に人気があるのはメリブレンド。

「メリ」は海という意味で、海原を吹き抜ける風のように、爽快な香りが口いっぱいに広がるコーヒーを目指したそうです。少し浅煎りで、スッキリした風味とさっぱりした酸味を感じられるブレンドです。 どちらも 650円+税(100g)です。

「Joki Coffee」は、自家焙煎コーヒーに合わせてスイーツを出されています。大下さんの性格がそのまま出たような、シンプルかつ丁寧なチーズケーキやタルトやスコーンなど、どれも絶品でコーヒーにぴったりです。そして冬の限られた時期のみ作っているシュトーレンも、ナッツやドライフルーツがたっぷり入って滋味深く、大好きで毎年個人的にお取り寄せしています。ぜひ高知の近くに行った際にはお立ち寄りくださいね。

オンラインショップはこちらから
アデリーブレンド
メリブレンド

 

→その他の「nagaya.」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

nagaya.

住所:徳島県徳島市沖浜町大木247番地
TEL:088-635-8393
営業時間:12:00-18:00
定休日:木曜、金曜
オンラインショップ
instagram:@nagaya.tokushima

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ