林檎のコンポートといつもの朝ごはん

器店主の朝ごはん
2021.05.23

「うつわと暮らしの道具 mokodi 」市川麻里さん vol.4

「器店主の朝ごはん」5月を担当させて頂いている mokodi の市川麻里です。
いよいよ今回で最終回となりました。

今日の朝ごはんは残り野菜とツナのトマト煮とクロワッサンでいつもの朝ごはんです。

トマト煮のうつわは小鹿田焼の6寸浅鉢です。
300年余りにわたり変わらず作り続けられている小鹿田焼は、歴史と伝統があり現代の暮らしにも寄り添う素敵なうつわです。この浅鉢もとても使い勝手がよく、ずっと変わらず人気です。

パンのお皿は北海道の職人さんに作って頂いている木目の美しいダケカンバという樹種のパン皿です。
無塗装なので焼き立てのパンをのせても蒸気を木が吸収してくれてサクッと感が続きます。
mokodi オープン以来ずっと作って頂いているロングセラー。我が家でも15年以上使っています。時々オイルでメンテナンスするのも楽しみの一つです。

優しいクリーム色のマグカップは山田洋次さん。洋次さんの作るスリップウェアのうつわもとても素敵で我が家の食卓にもよく登場します。

圧力鍋で作る簡単りんごのコンポートは娘が好きなので時々作ります。産直市場などでお買い得りんごを見つけた時などに作り、野田琺瑯の容器にいれて冷蔵庫で保存しておきます。
ヨーグルトと一緒に朝ごはんに食べたり、アイスクリームと一緒におやつに食べたり。スライスしてパンやパイ生地にのせて焼いたら簡単アップルパイに。 ・・・と保存する間もなくすぐになくなってしまいますが。(笑)

私の母もお義母さんも朝ごはんはしっかり食べましょうとモリモリたっぷり作る派。
なので、私も朝からしっかり作り、しっかり食べる事は意識しています。
実家では私が子供の頃からリビングのテーブルに並ぶこんもり盛ったサラダや湯気の上がる卵料理、焼いたパンの香ばしい香りや珈琲や紅茶の香り、果物やヨーグルト、ジャムやピーナッツクリーム… 家族みんなで囲む朝ごはんの光景は思い出すだけでも幸せな気持ちになります。
その頃の母たちの様に品数は多くは作れませんが、娘にも暖かな朝ごはんの記憶、うつわの記憶を先に伝えていって欲しいなと思います。

5月の毎週日曜日、4週にわたり「器店主の朝ごはん」をお読み下さりありがとうございました。
もっと頑張った朝ごはんをご紹介できればよかったかなとも思いましたが、気取らず素朴なご紹介となりました。(笑)
皆さまそれぞれの朝ごはんをお楽しみ下さいね。

ご紹介したうつわ、また今回ご紹介しきれなかった素敵なうつわも mokodi オンラインショップに掲載しています。

安心して移動できるようになったら、名古屋 mokodi にも遊びにいらして下さいね。
皆さま、どうぞお元気にお過ごし下さい。

→「うつわと暮らしの道具 mokodi」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

うつわと暮らしの道具 mokodi

名古屋市名東区西山本通1-8-1
TEL:052-782-2886
不定休(HPでお知らせしています)
https://www.mokodi.com
Instagram :@utuwa_mokodi
(オンラインショップもございます。HPよりご覧頂けます。)

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ