パンとみそスープの朝ごはん

器店主の朝ごはん
2021.09.19

「おかずのうつわ屋本橋」本橋真紀子さんvol.3

我が家の朝食はご飯が定番ですが、みんなパンも好きです。ということで第3回は「パンとみそスープの朝ごはん」。開店前から行列が出来る自宅近所の美味しいパン屋・onkaさんのパンで朝食を頂きます。こちらでは次女がバイトでもお世話になっていました。

パンは木のお皿に。オイル仕上げなのでトーストした時はパンから出る蒸気を木が吸い取りベチャッとなりません。木とパンは肌合いが凄く良いというか、陶磁器にのせるより美味しく見えると思います。木のお皿はメンテナンスが大変と思う方も多いようですが、食洗機はNGですが優しく洗ってしっかり乾燥させて、たまにカサつきが気になる時はクルミオイルやオリーブオイルを垂らして刷り込めば大丈夫。お肌のお手入れと同じです。それでも経年で変化するのが木製品の楽しい所。育てる器です。

そして、やっぱりパンにも味噌汁を合わせる事が多いです。ただ、パンなので少しアレンジします。具材はいつもと同じでも良いのですが、根菜類やトマト、キノコなどと相性がいいと思います。味噌とバターはとても相性が良いし、牛乳や豆乳を入れても美味しいです。みそスープ、という感じですね。
また、前夜の夕飯で鶏を煮たり豚を茹でたりした後の煮汁や茹で汁は取っておいて味噌汁のベースにします。旨味があるので味噌汁が抜群に美味しくなります。

よくパンにはサラダを合わせる事が多いですが、野菜たっぷり入ったみそスープがあれば大丈夫。でもパン皿との相性を考えて味噌汁椀ではなくこのスープカップに盛ることが多いです。カップは便利な反面、重なりが良くないので収納に難あり、という事がありますがこちらのカップは取っ手の付ける位置が工夫されていて重ねられる所が嬉しいポイント。鮮やかな色も料理を引き立てる人気のカップです。

あとは卵料理としてはパンによく合わせるのがこちら。ココットに卵をポトンと落として直火で5分ほど。火から下ろしてもまだじわじわと陶器が熱を伝えるので卵にゆっくりと火が入るので好きなタイミングで食べられます。

他にベーコンやソーセージを焼いたりする事もありますが、面倒な時はみそスープに投入してしまうことも。パンの朝食は何故か週末になる事が多いです。何となくゆったりした雰囲気になるからでしょうか。
使っている器はサイトでご紹介しています。

・スープカップ・・・丹羽健一郎
 https://www.utsuwaya.com/washokki/yunomi/001517.html
・パン皿・・・icura工房 https://www.utsuwaya.com/washokki/chuzara/000223.html
・ココット・・・伊賀焼 https://www.utsuwaya.com/washokki/donabe/000077.html
・ココットに敷いた皿・・・小石原焼マルダイ窯
 https://www.utsuwaya.com/washokki/chuzara/000061.html
・スプーンとヨーグルト小鉢はベトナムのもの
パン屋・onka https://onka.jp/

→「おかずの器屋本橋」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

おかずのうつわ屋本橋

東京都世田谷区船橋1-16-11
TEL:03-3427-6768
営業時間:11:00~17:00
定休日:木曜・日曜・祝日 
http://www.utsuwaya.com/
Instagram:@okazuno_utsuwaya

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ