お手軽ワンプレート朝ごはん

器店主の朝ごはん
2021.12.12

「器と雑貨ボタニカル」成田早織さんvol.2

こんにちは。
「器店主の朝ごはん」12月を担当します、宮城県仙台市の「ボタニカル」の成田早織と申します。
宜しくお願い致します。

第2回目はワンプレートの朝ごはんです。

この日の献立
・玄米のミニおにぎり
・作り置きのポテサラ
・作り置きのミニトマトのマリネ
・お弁当の残りの卵焼き
・お弁当の残りのピーマンとウインナーの炒め物
・昨夜のキムチ鍋の残り

全て作り置きか残り物を盛り合わせただけのワンプレート+汁物です。

おにぎりとおかずを盛り合わせたプレートは勲山窯の野花プレート。

リムが無いフラットなプレートは、盛り付けがしやすいのでワンプレートごはんにオススメです。
こちらの野花プレートは食べ進めるうちにだんだんお花の柄が見えてくるので、食事をするのがとても楽しくなる器です。

ちなみに、
この日のおかずをそのまま詰め込んだお弁当がこちら。

ほぼ毎日作っているお弁当。
作り置きや残り物がある日は本当に助かります。

ワンプレートに添えたのは前の日の夜のキムチ鍋の残り物です。

具が少なかったので冷凍の水餃子を足してボリュームUPしました。

寒くなるとかなりの頻度で鍋をします。
体が温まるし、調理も簡単だし、冷蔵庫も片付くし、一石三鳥ですよね。

ちなみにこのスープカップは、昔初めて行った陶芸教室で自作したものです。
焼くとこんなに縮むんだとビックリしたのを覚えています。
持ち手なんか指が一本入るか入らないかくらい。
でも自分で作ったものって、何より愛着が湧くんですよね。

器を作る作家さんや職人さん達は本当に凄いなと、しみじみ思います。
大きさもですが、釉薬の配合や温度調整、窯出しのタイミングなど…
沢山の試行錯誤を重ねて出来た器を届けて下さっています。

これからも作家さんや職人さん達の想いの詰まった器を大事に使っていきたいなと、改めて思いました。

以上、ワンプレート朝ごはんのご紹介でした。

朝は何かと時間に追われがちです。
洗い物が少ないなど時短になるワンプレートは朝ごはんにピッタリですよね。
ぜひお気に入りのプレートで有意義な朝をお過ごし下さい。

野花プレート《勲山窯》
https://botanical16.shopselect.net/items/45221390
こちらの商品は店舗・オンラインショップで販売しています。

第2回目をご覧いただきありがとうございました。
それではまた次回。

→「器と雑貨ボタニカル」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

器と雑貨ボタニカル

宮城県仙台市青葉区大町2-14-11
ファーストステージⅠ-1F
TEL:022-395-9204
OPEN: 11:00-19:00(土日-17:00)
CLOSE: 水曜日
https://botanicalsendai.wixsite.com/shop
Instagram:@botanical_sendai

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ