新鮮さ・甘み・食感なら負けません!「松茂青果 いも・レンコン専門店」の土付きレンコン

今日のひとしな
2022.05.15

~「ラシクルモール」より vol.15 ~


今日は、スタッフ小林が、徳島のレンコンをご紹介します。「東の茨城、西の徳島」と言われるほど、徳島県はレンコンの主要な産地。しかし、同じレンコンでも徳島のレンコンは別物です。違いは栽培&収穫方法。

一般的な栽培方法は畑に水を張って水の中で育成するため、周りからの圧力が弱く「ホコホコ」という食感になります。一方で、徳島のレンコンは強い粘土質の土の下で“スパルタ栽培”。土の重みに耐えながら育つので、その圧力で穴が丸ではなく、細長い形になります。しかも、ツヤツヤとした光沢とその白い肌が美しいのが特徴。見た目で「徳島産やな」と見分けがつくのです。


ここ「松茂青果」のレンコンの収穫は、鍬などを使って1本1本手掘りが基本。美しい状態のままお届けしようと、傷つけないように丁寧に掘り起こしています。

レンコンは土の中で身を守ろうと、糖分で甘味がギュッと詰まっているうえに「シャキシャキ」の食感です。美容と健康に良いとされるビタミンCも豊富。しかも、でんぷん質が多いため、加熱しても相当量のビタミンCが残る優れた食材なんですよ。

なのに、レンコンって意外に地味な存在ですよね。私も子どもの頃はあまり好んで食べる方ではありませんでした。こんなに身体にいい食材なら、大人だけじゃなく、子どもたちにもたくさん食べてほしい。生産者さんにそうお話をすると、「フライドレンコンにすると子どもたちもパクパク食べるよ」と教えてくれました。


レンコンを輪切りではなく、縦切りにして唐揚げ粉をまぶして揚げるだけの簡単料理。見た目は子どもの大好きなフライドポテト。食べてみてもやっぱりフライドポテト! です。カリカリサクサクでやみつきに。おやつにピッタリで子どもたちも大喜び。しかもポテトよりもちろん、ヘルシー。あっという間になくなります。私はフライドポテトよりこっちが好きです。

生産者さんは、レンコンはそもそも縦切りのほうが繊維が残り、シャキシャキ感が増して美味しいと言います。そのうえ、掘りたての新鮮な土付きレンコンなんですから……言わずもがな、です。ぜひお試しください。

「松茂青果 いも・レンコン専門店」
土付きレンコン(2kg)
土付きレンコン(4kg)

※昨シーズン分の販売は4月末で終了しました。今年の新物は7月中旬より販売開始予定です。

←その他の「ラシクルモール」の記事はこちらから
←その他の「今日のひとしな」はこちらから

Lacycle mall(ラシクルモール)

●オンラインショッピングモール「Lacycle mall」
https://lacycle-mall.jp

 

●読み物サイト「Lacycle」
https://lacycle-mall.jp/magazine/

 

●Instagram
@lacycle_mall

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ