お正月の余韻の残る朝ごはん

器店主の朝ごはん
2020.01.05

「DEEKA」早川恭子さんVol.1

こんにちは。東京・西荻窪で「DEEKA」という器と雑貨の店の店主をしています、早川恭子と申します。1月の「器店主の朝ごはん」を担当させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

我が家は共働きで、朝は出勤時間がバラバラな主人と、お店があるので決まった時間に出かける私。そして独身時代は朝食抜きが普通でしたが結婚後にようやく果物とヨーグルトなどの簡単なものを食べるようになった主人と、いつでも毎日朝ごはんは欠かさない私。そんなふたりの平日の朝ごはんは時間も食べるものもバラバラ。一緒に食べるのはもっぱら主人の休日のみ。普段は私一人で食べるのでついつい簡単なものが多くなってしまいます。
さて第一回目はお正月も終わって少し残ったお餅を使ったスープです。
DEEKA1_1
今回はお餅入りコーンポタージュスープ。
スープは飲みすぎ食べすぎや体調がすぐれない時でも優しく栄養が取れるので朝はよく登場します。そしてこちらはお餅入りなので満腹感もあるんですよ。
DEEKA1_2
ティータオルなどの布ものの上に耐熱皿を乗せると、あたたかみのある食卓になります。
DEEKA1_3
今回使った松尾直樹さんの耐熱皿は、直火OK(電子レンジもオーブンも!)なのでこの中で全てを済ませられて朝の忙しい時でも温かいものが簡単にできてオススメです。耐熱皿は普段の器にももちろん使えるので、持っているととても便利です。 

あとは昨夜の残りの茹でブロッコリーサラダとフルーツ。
DEEKA1_4
さこうゆうこさんの△コバチはミニサラダやおひたしやナムル、ヨーグルトやアイスクリームなどのデザートを入れることもあります。緩やかな三角形の形はどの角度から見ても楽しい!作家さんのものはガラスでもあたたかみがあるので、季節限定にせず一年中使っています。
DEEKA1_5
フルーツを入れた稲村真耶さんの白磁楕円小鉢は形が可愛くてお気に入りです。フランスアンティークのオードブル皿をモチーフにされたそう。お漬物などにも活躍中。大きなサイズのものもあります。
ちょっと変わった形の器は存在自体がサマになるので、料理に自信のない私でも安心して料理をテーブルに並べることができます(笑)。

ご紹介した器たち
耐熱皿 / 松尾直樹さん
ガラスの小鉢 / さこうゆうこさん
白磁の小鉢 / 稲村真耶さん

→「DEEKA」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

DEEKA

東京都杉並区西荻北4-35-3
TEL:090-2334-3225
営業時間:12:00~19:00
定休日: 火、水曜
(臨時休業や営業時間変更のある場合はtwitterで告知しています)
http://www.deeka.jp
Instagrm:@deeka_jp
Twitter:@deeka_jp

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ