あたたかいスープでおうどん

器店主の朝ごはん
2020.04.26

「うつわ ぬくもり」平出 杏さん vol.4

こんにちは。群馬県高崎市で「うつわ ぬくもり」という器屋の店主をしております、平出 杏と申します。
2020年4月の1ヶ月間「器店主の朝ごはん」を担当してまいりました。
4回目のラストは、あたたかいスープでおうどんの朝ごはん。

朝ごはん・・・というお題でやってきたものの、
「うつわ ぬくもり」の傍らデザインスタジオを営むデザイナーとプログラマーの夫婦の私たち。
平日は遅めの朝食と昼食をかねて1食目に簡単にカロリーのあるものをいただき、
夜まで制作作業に集中し軽い間食と2食目で済ませてしまうのが実際のところ。笑
お手軽な麺類もたびたび登場します。
愛媛県の出身の夫の実家からいつも贈ってもらう讃岐うどんの生麺。
ゆで時間はかかりますが、コシがあり麺自体に味があります。
「うつわ ぬくもり」のある群馬県のうどんは、
おっきりこみや田舎うどんといって煮込んだ柔らかいうどんが多く元々苦手だったのですが、
かれこれ20年近く前にはじめて夫の帰省につきそい本場の讃岐うどんを食したときの衝撃たるや。
そこからすっかりうどんにはまりました。
(今では柔らかいうどんも好きですし、コシのあるうどん屋さんも増えたように思います)

春といえど、まだまだ寒い日も。
そんなときは鶏団子スープ。

前日の夜に、
讃岐うどんと一緒にいつも送ってもらう瀬戸内のいりことを乾燥エビをたっぷり。
それに利尻昆布1枚、つぶした生姜とニンニクとネギと鶏手羽数個をそのまま投入。
煮立つ直前に火を止めて朝まで放置。
朝になったら、鶏団子と人参、えのき、ニラを投入。
優しい出汁で調味料いらず。
二日酔いなどの疲れた胃にもおすすめです。

トッピング用の煮卵は、加賀さんの豆皿に。

さあ、準備が整いました。

茹でておいたうどんにスープを注いで、シメのようにいただきます。
どんぶりは若狭さんの藍香釉。アジアンテイストな装いが楽しく、大盛りパクチーなども合わせたくなりますね。

トッピングは、食べるラー油ときざみ生姜、わけぎ、みょうが、ライム。
長方の薬味入れは、中山さんの陶芸体験で作らせてもらったもの。
自画自賛ですが笑、使いやすくて重宝しています。

それぞれ自由にトッピングしたら、いただきます。
本日の器たちです。
・どんぶり:若狭祐介さん(ぬくもりでお取り扱いアリ)
・煮卵豆皿:Semi-Aco加賀 雅之さん(〃)
・煮卵の豆皿に敷いたコースター:藤田美貴子さん
・薬味入れ:中山穣さん(〃)
・ラー油小鉢:町田裕也さん
・箸置き:神山工房 高島克晃さん(〃)
・お箸:tetoca 柿(〃)
・ざる:戸隠竹細工
・鍋:STAUB

あっという間の4回でしたが、いかがでしたでしょうか?
最後までお付き合いくださり、本当にありがとうございました。

けして主張しすぎないけれど、その時々の気分で食卓の彩りを楽しめる個性ある器たちを
改めて愛しく思いつつ。

私たちも日々、顧客さんやフォロワーさんのInstagramなどで
美味しそうな食卓のごはんのpicから癒しをいただいていますので、
ちょっぴり食卓事情が共有できたようで、とても楽しい機会になりました。

過剰接客が得意でないために自らお客さまにお声をかけることはあまりないのですが、
器の話も食べ物の話も大好きなので、
作家さんのこと、おすすめの贈り物など、
なんでも気軽に訪ねてくださいね^^
雑談も大歓迎です。笑

さいごに、4月21日(火)追記。
執筆中はいつもどおりの世の中でしたが、
ここ1ヶ月ほどで新型ウイルスの影響から随分と状況が変わりました。
連載中に、その件に触れるべきか悩みましたが、
そのままの記事で掲載していただきました。

当店も今できることを考え
店頭はしばらくお休みしていますが
おうち時間の楽しみの一つになるよう作家さんとの橋渡しの役目を努めたいと思い
通販は変わらずご注文を承っています。

オンラインショップ未掲載でも
Instagramで紹介するお品でしたら
メールかDMよりカード払いの通販対応をしておりますので
気になるお品がありましたら、品名・希望の数量ご連絡くださいませ。
折り返し、在庫のご案内と発送先の確認をご連絡します。

一刻も早く安心して暮らせる日常が戻ることを切に願いつつ。
皆さんの食卓が、日々ぬくもりのあるものでありますように。


text :平出 杏
photo : quip Design 平出 杏、平出 修二

→「うつわ ぬくもり」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

うつわ ぬくもり

群馬県高崎市並榎町195-13
TEL:027-386-9070
営業時間:12:00~17:00
定休日:公式Webサイトの営業日カレンダーによる
https://www.nukumor.jp/
Instagram:@nukumor

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ