インスタで話題! とっておきの牛乳消費レシピが公開中

料理編集部から
2020.03.24

報道等でご存じの方も多いかと思いますが、政府による突然の一斉休校要請により、給食として使うはずだった牛乳が大量に余ってしまいました。作ってしまったぶんはそうそう日持ちもしませんので、農水省が牛乳の消費を呼びかける事態となっています。

そこで主婦と生活社の「料理の本」のInstagram「@ryourinohon」では、好評の既刊より、牛乳を使ったおいしいレシピを公開しました。これが大好評でしたので、「暮らしとおしゃれの編集室」をご覧のみなさまにも、ぜひご紹介したく思った次第です。スーパー等で牛乳を買って、ぜひ作ってみてください。そしておいしかったなら、どうぞ当社の料理本をお買い上げください(笑)。

 

______

 

高石紀子さん

『こっくり甘い濃厚プリン、まろやかな食感の伝統菓子フラン』カバー   
『こっくり甘い濃厚プリン、まろやかな食感の伝統菓子フラン』

卵が主役のお菓子、プリンとフランのレシピ集。フランはパイ生地の上に卵がベースの生地を流し込んで焼いたお菓子で、フランスでは定番かつ再流行中のお菓子です。

 

「基本のプリン」

View this post on Instagram

編集長(お)です。牛乳レシピ、第2弾はプリン! 高石紀子さんの『こっくり甘い濃厚プリン、まろやかな食感の伝統菓子フラン』より、誰でも作りやすい「基本のプリン」のレシピをご紹介します。バニラビーンズなしでも濃厚な風味のあるプリンで、私もよく作るのですが、子どもがバクバク食べてくれます。お子さんといっしょに作るのもいいですね。この週末にぜひ!   基本のプリン  材料(プリンカップ6個分)  キャラメル |グラニュー糖 50g |水 小さじ1 |熱湯 20ml 牛乳 300ml 全卵 2個分(100g) 卵黄 1個分(20g) グラニュー糖 60g  下準備  ○卵は常温にもどす。 ○バットにペーパータオルを敷き、プリンカップを均等に並べ、バットごとオーブンの天板にのせる。 ○オーブンはほどよいタイミングで150℃に予熱する。  作り方  1️⃣ キャラメルを作る。小鍋にグラニュー糖と水を入れ、あまり動かさずに中火で熱し 、グラニュー糖が半分ほど溶けて色づいてきたら、小鍋を揺すってまんべんなく火を通す。完全に溶けて色が濃くなったら、火を止めてひと呼吸おき、熱湯をへらに伝わせながら2回に分けて加え、そのつどよく混ぜる。とろみがついたら熱いうちにプリンカップに等分に流し入れる。  2️⃣ 鍋に牛乳を入れて中火で熱し、人肌よりやや熱い程度(約40℃)にする。  3️⃣ ボウルに全卵と卵黄を入れて泡立て器で溶きほぐし、グラニュー糖を加え、卵白を切るようにして静かによく混ぜる。  4️⃣ 2️⃣の牛乳を2、3回に分けて加え、そのつど泡立て器で静かに混ぜる。グラニュー糖が溶けたら、別のボウルで受けながらこし器でこす。卵液の表面にペーパータオルをかぶせ、静かにはずして気泡を取り除く。  5️⃣ 4️⃣をレードルでプリンカップに等分に注ぎ入れる。下のバットに湯(約40℃)をカップの1/3ほどの高さまで加え、予熱したオーブンに天板をセットし、35分ほど焼く。生地の表面を指で押して、軽い弾力があればできあがり。カップを網にのせて冷まし、粗熱がとれたら冷蔵室に入れて6時間以上冷やす。  6️⃣ 水で濡らしたスプーンで生地の縁をやさしく押し、生地とカップのあいだに空気を入れるようにしながら一周させる。カップの上に皿をのせて逆さにし、皿とカップをしっかり持って2、3回ふり、プリンをはずす。  撮影 三木麻奈 スタイリング 駒井京子  #牛乳レシピ #牛乳を買いましょう #牛乳飲もう #高石紀子 #こっくり甘い濃厚プリンまろやかな食感の伝統菓子フラン

A post shared by 料理の本 by Shufu to seikatsu sha (@ryourinohon) on

固めの食感で、しっかりとした風味のある濃厚なプリンです。万人におすすめ!

 

「しょうがとレモンのプリン」

View this post on Instagram

編集長(お)です。牛乳レシピの第3弾は、ちょっと大人向けの「しょうがとレモンのプリン」です。高石紀子さんの『こっくり甘い濃厚プリン、まろやかな食感の伝統菓子フラン』の中でもイチオシのレシピ! さっぱりさわやかで、2個くらいなら余裕で食べられてしまうのです。国産レモンが旬の今の季節にぜひ!   しょうがとレモンのプリン  材料(プリンカップ6個分)  キャラメル |グラニュー糖 50g |水 小さじ1 |熱湯 20ml 牛乳 300ml しょうが 40g 全卵 2個分(100g) 卵黄 1個分(20g) グラニュー糖 60g レモンの皮 適量  下準備  ○卵は常温にもどす。 ○バットにペーパータオルを敷き、プリンカップを均等に並べ、バットごとオーブンの天板にのせる。 ○しょうがは皮ごとすりおろす。 ○オーブンはほどよいタイミングで150℃に予熱する。  作り方  1️⃣ キャラメルを作る。小鍋にグラニュー糖と水を入れ、あまり動かさずに中火で熱し 、グラニュー糖が半分ほど溶けて色づいてきたら、小鍋を揺すってまんべんなく火を通す。完全に溶けて色が濃くなったら、火を止めてひと呼吸おき、熱湯をへらに伝わせながら2回に分けて加え、そのつどよく混ぜる。とろみがついたら熱いうちにプリンカップに等分に流し入れる。  2️⃣ 鍋に牛乳とすりおろしたしょうがを入れて中火で熱し、60℃程度に温める。  3️⃣ ボウルに全卵と卵黄を入れて泡立て器で溶きほぐし、グラニュー糖を加え、卵白を切るようにして静かによく混ぜる。  4️⃣ 2️⃣を2、3回に分けて加え、そのつど泡立て器で静かに混ぜる。グラニュー糖が溶けたら、別のボウルで受けながらこし器でこす。卵液の表面にペーパータオルをかぶせ、静かにはずして気泡を取り除く。  5️⃣ 4️⃣をレードルでプリンカップに等分に注ぎ入れる。下のバットに湯(約40℃)をカップの1/3ほどの高さまで加え、予熱したオーブンに天板をセットし、35分ほど焼く。生地の表面を指で押して、軽い弾力があればできあがり。カップを網にのせて冷まし、粗熱がとれたら冷蔵室に入れて6時間以上冷やす。  6️⃣ 水で濡らしたスプーンで生地の縁をやさしく押し、生地とカップのあいだに空気を入れるようにしながら一周させる。カップの上に皿をのせて逆さにし、皿とカップをしっかり持って2、3回ふり、プリンをはずす。  7️⃣ レモンの皮をすりおろして散らす。  撮影 三木麻奈 スタイリング 駒井京子  #牛乳レシピ #牛乳消費レシピ #牛乳を買いましょう #牛乳飲もう #高石紀子 #こっくり甘い濃厚プリンまろやかな食感の伝統菓子フラン

A post shared by 料理の本 by Shufu to seikatsu sha (@ryourinohon) on

上記のアレンジ。大人っぽくさっぱりと仕上げています。レモンが旬の今こそぜひ。

 

______

 

ムラヨシマサユキさん

『ムラヨシマサユキのジャムの本』カバー
『ムラヨシマサユキのジャムの本』

人気のお菓子研究家、ムラヨシさんによるジャムのレシピ集。ずっと使えて、季節を味わい尽くせる46のレシピ。

「ミルクジャム」

素朴で濃厚なミルクジャムです。食パンによく合います。

 

______

 

河井美歩さん

『混ぜるだけサラダとさっと煮るだけスープ』カバー
『混ぜるだけサラダとさっと煮るだけスープ』

3月27日(金)発売予定。野菜料理を得意とする著者の、サラダとスープのレシピ集。野菜別に紹介されているので、レシピがとっても探しやすいのです。

「くずしかぶのスープ」

View this post on Instagram

編集長(お)です。今日の「 #牛乳レシピ 」は、来週金曜日発売の河井美歩さん @miho_kawai617 の新刊『混ぜるだけサラダとさっと煮るだけスープ』より、今が旬のかぶをまるごと使ったおいしいスープをご紹介します! 本体も葉も一度に食べられるので栄養満点。免疫力アップが期待できる、おいしくてヘルシーなレシピです。   くずしかぶのスープ  [材料]  かぶ…3個(300g) かぶの葉…3本 🅰️水…200ml |洋風スープの素(固形)… 1/2個 |塩…小さじ1/4 牛乳…150ml  [作り方]  1️⃣ かぶは皮をむき、半量はすりおろし、残りは1㎝角に切る。かぶの葉は長さ5㎜に切る。  2️⃣ 鍋に🅰️を入れて中火で煮立て、1️⃣を加えてふたをし、弱火で5分ほど煮る。かぶがやわらかくなったら、牛乳を加えて温める。   撮影 公文美和 スタイリング 来住昌美  #牛乳レシピ #牛乳消費レシピ #牛乳を買いましょう #牛乳飲もう #サラダ #スープ #河井美歩 #混ぜるだけサラダとさっと煮るだけスープ #新刊 #料理本 #免疫力アップ

A post shared by 料理の本 by Shufu to seikatsu sha (@ryourinohon) on

かぶの実も葉も使ったスープ。今が旬のかぶのおいしさと栄養をまるごといただけます。

 

______

 

市瀬悦子さん

『基本調味料で作る鍋』カバー
『基本調味料で作る鍋』

鍋の素が不要で、基本の調味料だけで作れるさまざまな鍋のレシピ集。夜はまだ冷え込むこの季節にも、鍋料理はぴったり!

「ハムと白菜のオイスタークリーム煮」

View this post on Instagram

編集長(お)です。牛乳レシピ第4弾は、再び市瀬悦子さんの『基本調味料で作る鍋』より「ハムと白菜のオイスタークリーム煮」。中華風のクリーム煮を鍋にアレンジしました。ボリュームはありながらもやさしい味で、実は意外と低カロリーです。牛乳を加えた後は、分離しないように煮立たせないのがポイント!  ハムと白菜のオイスタークリーム鍋  [材料と下準備] 2~3人分  ロースハム… 5枚 ▶6等分の放射状に切る 白菜… 1/4個  ▶軸と葉に切り分け、軸はひと口大、葉は大きめのひと口大に切る きくらげ(乾燥)… 8g  ▶ぬるま湯に20 分ほどつけて戻し、水けをきる。かたい部分を取り、大きいものは半分に切る 🅰️水… 300ml |鶏がらスープの素(顆粒)… 小さじ1 |オイスターソース… 大さじ1と1/2 |塩… 小さじ1/4 |こしょう… 少々 🅱️牛乳… 200ml |片栗粉… 大さじ1  ▶溶き混ぜる ごま油… 大さじ1  [作り方]  1️⃣ 鍋に🅰️を混ぜて中火で熱し、煮立ったら白菜の軸ときくらげを加える。ふたをして弱火にし、8分ほど煮る。  2️⃣ 白菜の軸がしんなりとしたらハムと白菜の葉を加え、さっと煮る。🅱️をもう一度混ぜてから加え、煮立たせないように温め、ごま油を回し入れる。  ※1人あたり130kcal/塩分1.7g   〆 汁かけご飯  温かいご飯150gを器に盛り、残った煮汁をかけて粗びき黒こしょう適量をふる。   撮影 福尾美雪 スタイリング 駒井京子 #牛乳レシピ #牛乳消費レシピ #牛乳を買いましょう #牛乳飲もう #市瀬悦子 #基本調味料で作る鍋

A post shared by 料理の本 by Shufu to seikatsu sha (@ryourinohon) on

応用編としてオイスターソースを使った鍋のレシピ。濃厚でコクのある味が大好評。

 

「えびとかぶのミルク鍋」

View this post on Instagram

報道等でご存じの方も多いかと思いますが、政府による一斉休校要請により、給食として使うはずだった牛乳が大量に余ってしまいました。作ってしまったぶんはそうそう日持ちもしませんので、農水省が牛乳の消費を呼びかける事態となっています。  そこで! 主婦と生活社の「料理の本」では、好評の既刊より、牛乳を使ったおいしいレシピを順次公開することにしました。第1弾は市瀬悦子さんの『基本調味料で作る鍋』から「えびとかぶのミルク鍋」。かぶが旬となるこの季節にぴったりの鍋です。牛乳を買って、ぜひ作ってみてください。そしておいしかったらどうか本書をお買い上げください笑。   えびとかぶのミルク鍋  [材料と下準備] 2~3人分  えび… 12尾 ▶尾に近い1節を残して殻をむき、背に浅い切り込みを入れて背わたを取る かぶ(葉つき)…小4個 ▶根と葉に切り分け、根は4つ割り、葉は長さ6㎝に切る 玉ねぎ…1個 ▶厚さ1㎝のくし形切りにする A水…500ml |洋風スープの素(顆粒)…小さじ1 |白ワイン…大さじ2 |塩…小さじ1と1/4 |ローリエ(あれば)…1枚 牛乳…150ml バター…15g 好みのパン(薄切り)… 適量  [作り方]  1️⃣ 鍋にAを混ぜて中火で熱し、煮立ったら、かぶの根と玉ねぎを入れ、5~6分煮る。  2️⃣ かぶの根に竹串を刺してみて、すっと通るようになったら、えびとかぶの葉を加えて2分ほど煮る。  3️⃣ 牛乳とバターを加えて弱火にし、煮立たせないように温める。パンを煮汁に浸していただく。  152kcal 塩分1.6g ※パンは除く   撮影 福尾美雪 スタイリング 駒井京子   #牛乳レシピ #牛乳を買いましょう #牛乳飲もう #基本調味料で作る鍋 #市瀬悦子

A post shared by 料理の本 by Shufu to seikatsu sha (@ryourinohon) on

こちらは洋風の鍋。パンを煮汁に浸して食べるのも美味!

 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ