日々使って‟育てて”いきたい 下本一歩さんの竹のトング

今日のひとしな
2020.11.16

~「84」より vol. 16 ~

高知の山奥で炭焼きをされる傍ら、燻した竹を用いて、カトラリーなど台所周りのアイテムをこしらえる竹炭職人の下本一歩さん。

竹の節をデザインに活かし、丁寧に作られた竹のトングは、手にやさしく馴染む質感です。竹ならではのしなやかさに加え、おどろくほどの軽さがお気に入り。毎朝、「辻和金網」の焼き網(後日、ご紹介予定なのでお楽しみに!)で焼いたパンをひっくり返したりするので、良い感じの質感に育ちます。

滑りにくい先端の突起の形のおかげで、熱々のトーストから、パスタとソースを和えたり、また、溝に落ちてしまったペンギンを拾うのに……(笑)と、大活躍しております。

下本一歩さんのトングはオンラインストアでも。

 

←その他の「84」の記事はこちらから

84

住所:広島市中区幟町7-10
TEL:082-222-5584
営業時間:13:00~17:00
定休日:水曜、日曜
https://84-hachiyon.stores.jp/
instagram:@hachi.yon

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ