時を超え国を超え  フレンチジェットのハンギングイヤリング

今日のひとしな
2021.06.13

~「monbus」よりvol.13 ~

ヴィンテージのジュエリーには、出会いと物語がある。

お気に入りに出会えた時は、人の手を渡り、国を超え、巡り会えた事が奇跡のように感じます。そんなヴィンテージジュエリーの中から、本日はフレンチジェットイヤリングをご紹介いたします。

フレンチジェットとは、ジェットに似た黒いガラス石のこと。

元のジェットは古代の松や柏が化石化して生まれた漆黒の黒玉です。ジェットといえば、一大ブームを起こしたのはイギリスのヴィクトリア女王。19世紀後半にはエリザベス女王がモーニングジュエリーとして愛用したことも有名です。この時代、夫の死後一年は全身黒いドレスを着用、それに少なくとも続く9ヶ月間はハーフモーニングの装いをするのが慣わしで、その期間に認められていた数少ないジュエリーの一つが、この漆黒のジェットでした。

そういった経緯もあり、「ジェット=イギリス」という印象がありますが、国境を越え流通していました。フランスにも輸出され、フランスではイギリスのようにモーニングジュエリーとして作られたのではなく、よりファッション性を兼ねたものが作られ、美しい漆黒の黒が普段使いにも取り入れやすくなりました。

そんな中、フランスで作られたのがフレンチジェット(黒ガラス石)です。

ファッションと合わせてコーディネートをするジュエリー。昔ながらの風習や歴史をたどって選んでみるのもまた素敵です。

(スタッフ・ラリカ)

オンラインショップはこちらから

←その他の「monbus」の記事はこちらから
←その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

monbus(モンバス)

長野県松本市大手2-2-26
TEL:0263-88-2932
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜
https://monbus-life.com/
Instagram「@monbus_life

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ