ついつい連れて帰りたくなる 木製のかご

今日のひとしな
2019.02.02

~sabot(サボ)より vol.2~

いくつあっても欲しくなってしまう、かご。

web-kiji0002

我が家にも色々なかごがありますが、かわいいものを見つけると使い道も考えずに衝動的に買ってしまうことも多いです。何も入れなくても、ただそこにあるだけで絵になるようなかごもたくさんありますよね。「sabot」 のお客様にもかご好きな方が多く、私と同様についつい買ってしまうそう。

web-kiji0004

「お出かけ用のかごは、夏に使うもの」という印象もありましたが、最近では冬にウールのコートと合わせてかごバッグを持つのも好きです。大きめのかごバッグに、目隠しを兼ねたストールやマフラーがざっくり入っている感じもかわいいですよね。

web-kiji0005

玄関ではスリッパや鍵、キッチンではお菓子や野菜にキッチンクロス。リビングではリモコンや雑誌、クローゼットでは靴下やマフラーを入れて。中に袋をセットしてゴミ箱にしてもいいですし、その他にもトイレットペーパー、タオル、洗剤、ピンチ……などなど、かごを使った収納は何にでも使えるので、本当に便利。

計画的に用途を決めて買うのもいいですが、あまり深く考えずに買ったかごは、帰ってからかごを持って家の中をうろうろ、何を入れようかと考える時間も楽しいものです。

web-kiji0006

web-kiji0003

いつどこで、どんな種類の木で編まれたものであっても、素材が木という共通点があれば、たくさんあってもあまりごちゃごちゃしないもの。みなさんも気に入ったかごがあれば、迷わず手に取ってみてください! 

かごは、いくつあってもかわいいですから。

 

→お店の紹介はこちらから

sabot(サボ)

愛知県豊田市上野町3-27-3 2F
TEL:0565-42-5921
営業時間:11:00~18:00
定休日:月、木曜
http://sabot-web.com
Instagram「@mcvr.post

 

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ