シンプルデザインの嬉しいがいっぱい オリジナルランチボックス

今日のひとしな
2019.04.05

~「AKOMEYA TOKYO」より vol.5 ~


大好きなごはんは、美味しいまま持っていきたい。そして忙しい朝のことだから私にとっては、使いやすさが重要に。使いやすければデザインはどうでも良いと思えれば良いですが、そう言うわけにはいきません。こだわりが沢山あるといえば、聞こえは良いですが...だいぶワガママです。笑
そんなワガママを叶えてくれたのが、「AKOMEYA TOKYO」が昨年発売したランチボックスです。

m0013
石川県山中で山中漆器の塗師によって一つひとつ丁寧に塗装して仕上げられた、ランチボックス。
シンプルなデザインで男女兼用でも使えます。しっかりと深さもあるので、ごはんもたっぷり入って嬉しい仕様です。

m0012
そして何より嬉しいのが、蓋つきの中子です。この中子が優れもの。夕飯を作るついでに、おかずだけ詰めて蓋をして冷蔵庫へ。朝、お弁当にイン!横に炊きたてのごはんを詰めれば、あっという間に完成します。今までこの時短を叶えるために、小さな保存容器を何個も持っていました。時短は叶うのですが、持ち歩きがかさばるうえに見た目も良くない...これが一気に解決する感激の嬉しさです。

AKOMEYA ランチボックス ¥2,200 ※価格は2019年4月現在、税抜き
サイズ:161×115×62㎜(約870ml)

m0010
AKOMEYAランチボックス 赤


m0011
AKOMEYAランチボックス 紺


電子レンジはもちろん、食洗機でも使用可能。機能とデザインとこだわりを兼ね備えたランチボックス、春の新生活を迎えている方も多いと思います。ぜひこの機会に買い換えてみてはいかがでしょうか?

←その他の【AKOMEYA TOKYO】の記事はこちらから

→お店の紹介はこちらから

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ