野菜たっぷりサンドイッチの朝ごはん

器店主の朝ごはん
2019.05.26

←vol.3はこちらから


こんにちは。5月の「器店主の朝ごはん」を担当させていただいています、つむぎの藤原カヨと申します。
連載最後の朝ごはんはサンドイッチの朝ごはんです。

1-sandwich
岩手の陶芸作家大沼道行さん考案のサンドイッチ、略して「沼サン」(大沼さんの奥さまが命名)です。

食パンにマスタードを塗り、もりもりのキャベツとたまねぎをマヨネーズと胡椒で和え、ベーコンとチーズを挟んだシンプルなもの。
冷蔵庫に常備してあるようなものでササっと作れるのも嬉しい。
我が家ではサンドイッチといえば「沼サン」というくらい、すっかり定番となりました。

2-upsandwich
今回使用した器は大沼道行さん作の織部ドット八角皿Мサイズです。
織部の器は渋いイメージがあるようですが、和洋どちらのお料理も盛りつけやすいです。
おやつも和洋問わず合わせやすいですよ。

3-mugcup
小澤基晴さんのブロンズ釉マグカップは飽きのこないシンプルなフォルム。そしてカフェオレが引き立つ濃い茶。様々な雰囲気の器とも合わせやすく出番が多いです。

4-utsuwa
今回使用した器とコースターです。
・大沼道行さん 織部ドット八角皿Ⅿサイズ
・小澤基晴さん ブロンズ釉マグカップ
・汲古舎さん 鉄瓶こぎん刺しコースター

5-osusume
具だくさんで大きめサンドイッチには20cm前後のお皿がおすすめです。
こんな器たちはいかがでしょうか。

向かって左上から時計回りに
・加藤恵津子さん リム楕円皿大サイズ(径約17cm×22cm 高さ約3cm)
・角掛政志さん 鉄釉フラット皿 (径約20cm 高さ約1cm)
・加藤かずみさん 丸角リム皿ホワイトLサイズ(径約18cm×21cm 高さ約2cm)
・城進さん 灰粉引鎬6寸皿 (径約19cm 高さ約2.5cm)
・(真ん中)高塚和則さんパン皿 はちの巣(径約20cm 高さ約2cm)

今年9月初旬には大沼道行さんの個展を開催予定です。
ぜひお運びくださいね。


4回にわたってご紹介した我が家の朝ごはん。
簡単でシンプルが基本ですが、器使いで目にも楽しく美味しくなるということがお伝えできていましたら幸いです。
拙いコラムにお付き合いいただきありがとうございました。


→「つむぎ」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

つむぎ

宮城県仙台市泉区紫山4-27-13
宮後交通バス 紫山4丁目バス停下車 徒歩3分
open:木、金、土/close:日、月、火、水
tel:022-377-4647
mail:jaranjaran@msn.com
https://tsumugi9.exblog.jp/
Instagram:@tsumugi0919

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ