「うすけはれ」おなじみの人気商品 来雅子さんの丸座布団

今日のひとしな
2020.02.21

~ うすけはれ より vol.21 ~

 
「うすけはれ」の店内に入ると、必ず目に入る店内のあちこちに置かれた丸い座布団。カフェスペースの椅子の上や、床机(しょうぎ)の上など、ちょこんと慎ましく、そして暖かな存在としてお客様を出迎えてくれています。
 
web-kiji0003
 
お客様の「我が家にも欲しい」とのご要望から、商品として扱う事になり、今では大中小と、大きさのバリエーションも増え、「うすけはれ」の人気商品となりました。
 
web-kiji0001   
この座布団は、小豆島在住の来雅子さんが作ってくれています。来さんは、お母様が縫製のお仕事をされていたこともあり、おままごとでも針と糸を持ってたと言うくらい生粋の手仕事大好き人間。他のお仕事もしてみたけれど、「やっぱり、自分は手仕事だ」と30代後半にそれを生業にしようと決心して、今は、その手からたくさんのお洋服や雑貨などが生み出されています。
 
web-kiji0002
 
この丸い座布団製作のきっかけは、来さんのおばあ様たち(曽祖母や祖母)が使っていた昭和初め頃の布をご実家で見つけたことからだそうです。所々に繕いのあるその布たちを見て、「年老いた曽祖母が眼鏡をかけて繕ったであろうその布は、紺地に対して使ってる糸が白だったりして、どこか愛嬌があって、眺めていて飽きない存在だった」と、来さんが話してくれました。
 
web-kiji0004
 
そんな布で作った座布団は、ほっこりしていて、お尻だけでなく心までも暖かくしてくれます。現在は古布だけではなく、現行の布を使ったり、様々なバリエーションに進化しています。
 
「うすけはれ」では、座布団だけでなく、季節によってマフラーや袋物など、来さんの作る作品を取り扱っています。自宅の作業場に、実家にあったという古い野良着を飾って、それを手仕事のお守りにしながら来さんは今日もミシンを踏んでいることでしょう。
 
 
オンラインショップ はこちら



→その他の「うすけはれ」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから
うすけはれ

香川県小豆郡小豆島町中山131−1
TEL:090-8284-6171
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜、水曜
https://www.usuqefare.com/
Instagram「@usuqefare

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ