普段づかいからおもてなしまで 当店のオリジナルグラス

今日のひとしな
2020.04.09

~ 「まちのシューレ963」より vol.9 ~

 
「なんでもない、でも、何にでもなるグラス」をテーマに「まちのシューレ963」オリジナルのグラスをつくりました。
 

 
制作は、香川在住の吹きガラス作家・森 康一朗さん。普段は色とりどりの美しいガラスをつくられていますが、「使い心地を重視した、極限までシンプルなグラス」という私たちの希望を、高い技術で叶えてくださいました。
 

 
底の程よい厚みと径で、日常で使いやすく、安定感のあるかたちに仕上げています。
 
また、吹きガラスならではの‟ゆらぎ”があるのも特徴。同じように見えるグラスでもひとつずつ表情が異なります。ですが、どれも手に取るとしっくり馴染み、口あたりもとってもやさしいのです。
 

 
サイズは2種類ご用意しています。
 
Sサイズは、普段使いのグラス。食事の時のお茶やお子さんのジュースを入れていただくのにも最適なサイズ感をめざしました。デザートの盛り付けにも使っていただきたくて、内側から金属のスプーンが当たっても割れにくい厚みに仕上げています。アイスクリームや果物を入れて、小さなパフェにしても素敵です。
 
Lサイズは、たっぷり入る大きさで、お茶やジュースをゴクゴク飲みたいときや氷をたっぷり入れたいときにも活躍します。すっきり感にこだわる一方、こちらもマドラーなどが当たっても割れにくい厚みに仕上げています。フロートやカクテルなどにも、いかがでしょうか。
 
 
オンラインショップはこちら
 

←その他の「まちのシューレ963」の記事はこちらから

まちのシューレ963

香川県高松市丸亀町13-3 高松丸亀町参番街東館2F
TEL: 087-800-7888
営業時間:物販 11:00~19:30
カフェ
<月~木> 11:30 – 18:00(L.O 17:30)
<金~日> 11:30 – 22:00(L.O 21:00)
定休日:第3月曜日 (祝日の場合は振替有)
https://www.schule.jp/
Instagram「@schule963

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ