どんなシーンでも心強い味方 トルコのタオル「ペシテマル」

今日のひとしな
2020.04.10

~ 「まちのシューレ963」より vol.10 ~

 
ワントーンの織模様がきれいな、トルコのタオル「ペシテマル」。
 

日本で馴染みのあるパイル地のタオルとは違い、端にフリンジのついた敷物のような印象の平織物です。

トルコでは伝統的な公衆浴場であるハマムで、スチームバス用の腰巻にしたり、身体を拭いたり、床に寝そべる時の敷物にしたり……と、様々なシーンで使用されています。ハマムは、体を綺麗にするだけではなく、知り合いや近所の人とおしゃべりする社交場でもあるため、肌触りが良く乾きの早いペシテマルは欠かせません。
 
 
美しい模様は、旧式の織り機で一枚一枚丁寧に織り上げています。素材はコットンなのでお手入れもしやすく、汚れてもネットにいれて自宅でお洗濯していただけます。使い続けていくほど吸水性も増してくるので、海などのレジャーやスポーツジムでの使用にも向いています。

柔らかい質感で肌に触れても気持ちよく、ブランケットやショールのように身につけても。落ち着いた色合いの柄は、テーブルクロスがわりとして机にひろげても素敵ですね。
 
 

←その他の「まちのシューレ963」の記事はこちらから

まちのシューレ963

香川県高松市丸亀町13-3 高松丸亀町参番街東館2F
TEL: 087-800-7888
営業時間:物販 11:00~19:30
カフェ
<月~木> 11:30 – 18:00(L.O 17:30)
<金~日> 11:30 – 22:00(L.O 21:00)
定休日:第3月曜日 (祝日の場合は振替有)
https://www.schule.jp/
Instagram「@schule963

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ