空間に寄り添う、青木隼人さんの音楽

今日のひとしな
2020.11.23

~「84」より vol. 23 ~

ギター演奏を中心に音楽を続ける、音楽家の青木隼人さん。自主レーベル「grainfield」より作品をリリースされています。そんな青木さんが、京都にある花屋「みたて」で録音した音源をアルバムにされました。

青木さんのギターは草木の気配や、その場に流れる「いま」の空気を感じながら、即興的に奏でられた音たちで、空間に優しく寄り添ってくれます。

私は『guitar solo #1』『~#2』からのファンですが、久しぶりの青木隼人さんのギターだけが聴ける作品。家に花を一輪飾るように、日常の中でそっと聴いて欲しい一枚です。

ジャケットも青木さんご自身がデザインを手掛けているそうなのですが、表紙側に穴が開き、ちょうどCDのストッパーがはまる仕掛け。こちらもぜひご注目ください。

青木隼人さんのCDはオンラインストアでも。

 

←その他の「84」の記事はこちらから

84

住所:広島市中区幟町7-10
TEL:082-222-5584
営業時間:13:00~17:00
定休日:水曜、日曜
https://84-hachiyon.stores.jp/
instagram:@hachi.yon

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ