ゴチャつきがちなリビングが、デスクに変身する収納ですっきり。在宅ワークにもおすすめです

sponsored 暮らしのアイテム
2021.12.02

長い時間を家で過ごすようになったいま、部屋での居心地のよさはとっても大事。でも多くの人が「すっきりしたリビングで過ごしたいのに、いつもゴチャゴチャして、なかなか片づかない!」そんなお悩みを抱えているのだそう。特に夫婦で在宅ワークだったり、子供が家でオンライン授業を受けたり、という日が続くと、パソコンや周辺機器、勉強道具などをリビングについつい出しっぱなしにしがち……ですよね(涙)。

そこで編集スタッフが目をつけたのが、通販できる家具の充実度が抜群の「ディノス」。その中で、手軽に“すっきりリビング”を叶えてくれそうな収納家具を見つけたのでご紹介しますね。


それがこちら、「スライドテーブル付きカウンター下収納庫」です。見てください、まるで造りつけの家具のように、リビングとキッチンの間のカウンター下にぴったり&すっきり! これならリビングで散らかりがちな小物もすぐに収納できそうですね。

一見、シンプルなキャビネットのように見えますが、実はこちらの家具には秘密があります。オープン棚の天板部分を手前に引き出すと……


なんと、デスクに早変わり! ここで在宅ワークができちゃうんです。普段ごはんを食べているダイニングテーブルでパソコンを広げたり、いちいち片づけたりする必要はありません。デスクにはスライドさせるためのレールがついているので、仕事を始めるときにスーッと引き出し、終わったらスーッと押して中におさめるだけで、リビングまわりが一瞬で片づくのです。


ワークスペースは奥行き30cmほど。大きめのノートパソコンでも無理なく置くことができます。


収納の中はこのとおり大容量。プリンターやルーターなどの電子機器をここにまとめておけば、パソコンとの連携もスムーズです。


中の棚は3cm間隔で高さを調節できるので、書類などとも仕分けしつつ電子機器を効率よく配置できそうですね。棚の後ろには隙間があってコード類を通せるようになっているうえ、この丸い穴から外に出せるから配線もすっきり。仕事が終わってノートパソコンはスリムにたためても、プリンターなどの電子機器類がリビングに置かれたままだと、どうしても「まだまだお仕事感」が出てしまうので、この心遣いはありがたいですね。


さらに、上部にはコンセントが2口(計1,500W)。パソコン用とスマホ充電用に重宝しそうです。



色は定番のブラウンや光沢感のあるホワイトのほか、高級感のあるウォールナットも。自宅のインテリアに馴染む色を選ぶのがよさそうですね。デスクの幅も120cmと90cmから選べますよ。


また、デスク収納の隣に縦型の「チェスト」を並べると、さらに収納力アップ。スライドレールつきの引き出しは軽い力で出し入れできるので、子供用の収納にする人も多いのだとか。在宅ワークが終わって夕食の準備をしている間、今度はここのデスクで子供が宿題を、なんていう使い方もよさそうですね。キッチンから勉強の様子が見えるので安心です。

12月に入り慌ただしい毎日になってきましたが、大掃除とともに家中の物を整理して、気持ちよく新年を迎えたいものですよね。そのためにも、まずはリビングをすっきり変身させてくれる収納家具を取り入れてみてはいかがでしょう? 日々の過ごしやすさが、ぐんと変わるはずですよ。


<ご購入はこちらから>
スライドテーブル付きカウンター下収納庫 幅90cm
スライドテーブル付きカウンター下収納庫 幅120cm
スライドテーブル付きカウンター下収納庫シリーズ チェスト幅41.7cm

ディノスの家具
Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ