【香菜子さん連載】この冬、手に入れたもの【前編】

香菜子さんの、日々にピタリなもの
2022.01.12

年明けから冷え込む日が続いていますが、皆様お元気ですかー? 香菜子さんの連載「日々にピタリなもの」、今年も張り切って更新していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。


さて今日のテーマは、香菜子さんがこの冬、手に入れたもの。外にお買い物に出かける機会はまだまだ少ないですが、そんなときだからこそ、ビビッとくるものには特に敏感になっているそう。並べてみると、あいかわらずモノトーンのものが多いですね! では、さっそくひとつずつ見せていただきましょう~。

bag


まずは、いちばん気になるこちら。一見、かごバッグのようですが……


「実はレザーのメッシュバッグなんです。フリマでスタイリストさんから譲っていただいたものなのですが、たぶんウン万円するものなのに、私は5000円で購入! ずっと欲しいなーと思っていたレザーメッシュバッグだったので嬉しくて。かごと違ってやわらかくて扱いやすいし、丈夫だからたくさん荷物を入れても安心。黒に近い焦げ茶の色合いも、コーディネートしやすくて気に入っています」


編集部で調べたところ、こちらはベルギーのブランド「DRAGON(ドラゴン)」のものでした。インド・マドラス地方の職人の手仕事によって仕上げられているそうですよ。内側の美しい編み目にもうっとりですね。

accessories


お次はこちら。イヤリングです。「HISTORIE(ヒストリエ)」というブランドのもので、パールのようにも見えますが、実は土を丸めて焼き上げられた陶器製。

「大学で陶芸を専攻していたので、陶製のものにどうしても惹かれてしまうんですよね。ひとつひとつ手仕事で作られているので、形が少しいびつなところが、これまたよくて……」と、うっとり。実は、こちらのアイボリーカラーのものは香菜子さんにとって2つ目のイヤリング。


最初に購入したのは、「クラスカ」で見つけたこちらのグレー。
「このイヤリングが好きでよくつけていたのですが、近くでポップアップがあると知って、思い切って行ってみたんです。そうしたら、デザイナーの大友納帆美さんがいらっしゃってお話することができて。作家活動とは別のお仕事や子育てと両立してもの作りをしているところにもシンパシーを感じて、思わず話しこんじゃいました(笑)。最近は作り手さんの顔を見てお買い物をすることが少なくなっていたので、久しぶりに貴重な時間を過ごさせてもらった感じです。やっぱりお買い物って楽しいですねー」

perfume



こちらは「SCENT OF YORK.」のボタニカルパフューム。ボトルから、専用のロートを使い、ロールオンタイプのアトマイザーに移して使います。「好きな香りをつけたときの感覚と、好きな服を身にまとったときの感覚ってすごく似ているなと思うんです。少しだけ高揚して、自分に自信がもてる感じがするというか……」


香菜子さんが愛用しているのは、天然ムスクとも言われているアップレットを使用した「FETISH」と、珈琲や煙草という嗜好品をイメージした「MOCHA」。「少しスパイシーさが感じられる大人っぽい香りに惹かれるのですが、どちらも私の好みにぴったり。家でヨガやピラティスをするときにつけると、意識が自分に向かうのでより集中できる気がします」




こちらは「SCENT OF YORK.」のノベルティだったという、パフュームを入れて持ち歩けるペンダント。いつもポーチに入れておけば、ここぞというときにこの香りをつけることで、力をもらうことができそうですね。

turtle knit


さて、前編ラストにご紹介するのは、タートルニット。「体にフィットする薄手の細リブタートルを中に着ると、冬でもコットンワンピースやトップスのコーディネートを楽しめるので、すごく重宝するんです」


いま大活躍しているのが、ブラック、カーキ、グレーの3色。右のグレーは、インナーブランド「インティミッシミ」のもので、着心地やわらかなところが気に入っているそう。「あともう一枚、オフホワイトがあると、コーディネートがさらに楽しくなりそうな予感がしています」


「柄物を重ねるときは、柄の中にある色のうちのどれかと揃えると、浮いて見えないと思います。着物に半衿を合わせるみたいな感覚ですかね。このタートルはノートエシロンスのもので、私が行ったお店ではカーキが完売していたのですが、他の店舗に在庫があるというので取り寄せてもらいました。シルク100%で肌触りがよく、ついつい手にとってしまうんです」


新しく手に入れたアイテムたちで、香菜子さんのおしゃれがまた少しアップデートされたようですね。明日の【後編】では、暮らしまわりに仲間入りしたものをご紹介しますね。お楽しみに!

 

→その他の香菜子さんの記事はこちらから

Profile

香菜子

Kanako

モデル、イラストレーターとして活躍する傍ら、ホテル備品をイメージしたプロダクトブランド「ホテルヴィルヘルムス」を主宰。パンツしかはいていない謎のキャラクター「おぱんつ君」の生みの親。著書『香菜子さんの服えらび。』(主婦と生活社刊)が好評発売中。
https://vilhelms.thebase.in/
Instagram「@hotelvilhelms

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ