「リトル」のタオル「littlebodco(リトルボッコ)」 ~「OEUVRE(ウーヴル)」より vol.3~

今日のひとしな
2016.12.03

きのうご紹介した、昔アメリカのホテルで使われていたようなコットン100%のタオル「LITTLE SUNSHINE」ができあがり、「リトル」の日夏さんが次に取りかかったのは、綿70%+麻30%の混紡糸と、綿70%+竹(レーヨン)30%の混紡糸を紡績すること。
s-0002

もうこの時点で、こだわりと追求を感じ取ることができますが、この2種類の糸を織り交ぜた 「コットンリネンバンブー」 で表面のパイルを織り、「LITTLE SUNSHINE」でも採用された 「ロングパイルツイスト製法」 という、アメリカで用いられていた加工技術を取り入れて出来上がった「littlebodco」は、ルーズバランスがたまらないタオル! 「LITTLE SUNSHINE」とはひと味違う肌触りを体感することができます。もっと細かくそのこだわりをご紹介させて頂くと奥深く、ここでは語りきれない程なのです。

 s-0000
洗うほどにふわふわになり、とろんと肌に重なって、折り畳めばミルフィーユのような層が出来上がります。吸水性に大変優れているため、寝具としても最高の1枚。サイズは150cm×300cmまで作られているので、思う存分にその肌触りを感じられるシーツとして使用される方も。

服地と同じように織られた一枚仕立てで、ゆるさを端まで感じて頂くためタオルでは珍しいロック仕上げで縫製されているので、ネットに入れてお洗濯して頂く事が必要です。

これほどまでに意識して大事に大事にタオルを扱い、愛情を注いだことはありません。「リトル」のタオルは、今までのタオルの概念を覆す“育てるタオル” なのです。
s-0001
このすばらしさを知って欲しくって、ご来店頂いたお客様についつい「これ使ってみて下さい!」とプレゼントしたくなるのをいつも我慢しています。笑

もうすぐ新商品のガーゼが登場しますよ。こちらもきっと変わらないこだわりが詰まっていることでしょう。どうぞおたのしみに!

 

←お店の紹介はこちらから

OEUVRE(ウーヴル)

国内外の雑貨や日用品、服、アクセサリーなどが並ぶセレクトショップ。連載「今日のひとしな」の執筆は店主の牟田絢加さん。

 

福岡県久留米市野中町1270
TEL:0942-33-0107
営業時間:12:00~17:00
休:月曜+不定休(2017年から変更予定。営業日はブログとインスタグラムで確認を)
https://oeuvre.stores.jp
http://store.persica.jp

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ