みんなの靴下

ナチュリラ
2020.06.18

元気いっぱいの差し色から大人っぽさを感じさせるシックな色、肌ざわりのよい素材など。おしゃれさん愛用の靴下を参考に足元のおしゃれを楽しんで。

***************

「アルポア」店主
山本えりさん


色違いで揃える「ザ ヒノキ」の靴下はリブの太さが絶妙で、パンツの裾から少し見せても雰囲気よく決まるところがお気に入り。コットンリネンのシャリッとした肌ざわりも気持ちいい。

モデル・イラストレーター
香菜子さん


「アダム エ ロペ」の春色ソックスは、レザーのハイカットスニーカーからチラ見せするため購入。鮮やかすぎない大人な色味のイエローと、薄手でやわらかな質感がこだわりポイント。

「ダンスコ」ディレクター
荒井博子さん


春のソックスはサンダルを組み合わせて楽しむという荒井さん。ケーブル編みが愛らしい「コズミックワンダー」の靴下に黒いレザーサンダルを合わせ、軽やかなモノトーンの足元に。

「トーン」スタッフ
長谷川宏美さん・佐々木絵美さん


ベージュとブルーの配色は「カーマンライン」、ほかは「ホームスパン」。右2足がなじませカラー派の佐々木さん、左2足が差し色派の長谷川さん。個性の違いがセレクトにも表れて。

主婦
金子敦子さん


スニーカーにやさしい肌ざわりの靴下を合わせたくて見つけた「オーガニックガーデン」のガラ紡ソックス。「ゆるく編まれているので通気性があり、ふかっとした厚みもいい感じ」

「ビショップ」エリアマネージャー
三瓶 梓さん


薄手でなめらかな生地感の「ファルケ」を、ショート丈とミドル丈で常備。バレエシューズやパンプスはもちろん、スニーカーやマニッシュ靴に合わせても上品に仕上がるレギュラー選手。

 

photo:大森忠明、岡田久仁子、加藤新作、馬場わかな、和田真典
text:坂本祥子、福山雅美、増田綾子
『ナチュリラ 2020 春号 vol.49』より

 

←その他の『ナチュリラ』の記事はこちらから

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ