年末年始の忙しい日にどうぞ!白いごはんがいくらでも食べられる〜上島亜紀さんの「鶏ひきとしいたけのそぼろ」のレシピ

作りおきメモ
2020.12.30


いよいよ慌ただしい年末がやってきました。大掃除におせち作りと、普段にも増して忙しい日々とあって、毎日のごはん作りも大変ですよね。

炊きたてのごはんが大好きだという、料理家の上島亜紀さん。今年社会人1年生となった息子さんがまだ小さい頃は、「お腹がすくと待っていられず、パパッと作れて栄養もボリュームもたっぷりで、お腹がいっぱいになるオンザライス!は、とても便利で本当によく作りました」と話します。


そんな上島さんが得意な「ごはんの友」ばかりを集めたレシピ本が、『作りおきできる。がっつり!ごはんの友』。
ごはんの友」というと、つくだ煮やふりかけのようなものを想像しますが、上島さんの家ではハンバーグやポークチャップ、ロールキャベツだってオンザライスに! その中から、さっと作れて抜群においしい、おすすめのおかずをご紹介しますね。

 

鶏ひきとしいたけのそぼろ

しいたけは、細かく刻んでうまみを出します。調味料を加えたら、汁けがなくなるまで炒め、
具材にしっかり甘辛味をからめるのがコツです。炒めものやコロッケの具にするのもおすすめです。

【材料(4〜5人分)】
鶏ひき肉…400g
生しいたけ(粗みじん切り)…6枚
長ねぎ(粗みじん切り)…2/3本
しょうが(みじん切り)…1かけ
酒…大さじ2
・しょうゆ…大さじ3
 ・砂糖…大さじ2
白いりごま…大さじ1

【作り方】
1 フライパンを何もひかずに熱し、ひき肉、しょうがを強めの中火で炒め、色が変わったらしいたけ、長ねぎを加えて脂が回るまで炒める。

2 酒を加えて煮立たせ、を加えて汁けがなくなるまで炒め、火を止めていりごまを混ぜる。


★冷めたら保存容器に入れて冷蔵保存し、日持ちは3〜4日/冷凍室で約2週間。電子レンジなどで温め直して食べる。混ぜごはんや炊き込みごはん、お弁当にもマル

 

もっとレシピを知りたい方は、こちらをどうぞ!
作りおきできる。がっつり!ごはんの友(主婦と生活社) 


定価:1540円(税込)

白いごはんにのせるだけで、たちまちごちそう級のおいしさ! 作りおきできてしっかりメインになるおかずばかりを集めた、大満足“ごはんの友”レシピ集。普段のお昼ごはんや夕飯はもちろんのこと、お弁当やお酒のおつまみにもぴったりです。

 

上島亜紀(かみしま・あき)さん


料理研究家。夫、社会人1年生の息子と3人暮らし。ジュニア・アスリートフードマイスター、パン講師、食育アドバイザー。神奈川県の自宅にて、料理教室「A’s Table」を主宰。女性誌、テレビ、単行本でのレシピ提供、カフェや企業のレシピ監修などで活躍中。簡単に作れる家庭料理から、おもてなし料理まで幅広く提案。著書に『作りおきできる。がっつり!ごはんの友』(主婦と生活社)、『考えなくていい 冷凍作りおき』(ナツメ社)『ちゃんと食べてる?親に届ける作りおきおかず』(ともにナツメ社)、『一度にたくさん作るからおいしい煮込み料理』(成美堂出版)など。
Instagram  kamisimaaki

 

photo:木村 拓(東京料理写真) styling:大畑純子

 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ