おせちに飽きたら! 市瀬悦子さんの「ソーセージとキャベツのカレー鍋」

2021.01.01

あけましておめでとうございます! 今年も「別室 料理とお菓子」をよろしくお願い申し上げます。

年末年始はごちそうを召し上がっている方が多いとは思いますが、いかにおいしいものとは言え、続くと飽きてしまうものです。そこでおすすめしたいのが、スパイスが利いた「カレー鍋」。市販のルーで簡単に作れますので、ぜひお試しください。

たいていのものならおいしくしてくれますので、具材もどうぞご自由にアレンジを。シメには冷凍うどんを加えて、カレーうどんにしてしまいましょう!

 

ソーセージとキャベツのカレー鍋
242kcal 塩分2.4g

 

[材料と下準備] 2~3人分

ウインナソーセージ… 8 本
 ▶浅い切り込みを斜めに入れる

ホールトマト缶… 1/2缶(200g)

キャベツ… 1/2個
 ▶ひと口大に切る

ピーマン… 3個
 ▶ひと口大に切る

🅰️
|水… 600㎖
|洋風スープの素(顆粒)… 大さじ1

カレールウ… 40g

粉チーズ… 適量

 

[作り方]

1️⃣  鍋にホールトマトを入れて木べらで身を粗くつぶし、🅰️を加えて混ぜる。中火で熱し、煮立ったらキャベツを加えてふたをし、弱火にして10分ほど煮る。ざっと返してソーセージとピーマンを加え、再びふたをして5分ほど煮る。

2️⃣  全体に火が通ったら火を止め、カレールウを加えて溶かす。再び弱火で熱し、2~3分煮て粉チーズをふる。

 

[シメ]うどん

残った煮汁に冷凍うどん1 玉を凍ったまま加え、ほぐしながらやわらかくなるまで煮る。

 

このレシピはこちらから!
市瀬悦子『基本調味料で作る鍋』(主婦と生活社)
市瀬悦子『基本調味料で作る鍋』
塩、しょうゆ、みそなど、どこの家庭にもある基本調味料だけで作る鍋料理のレシピ集。レトルトなどに比べて塩分が少なく、野菜もたっぷり使えて、いいことづくめです。毎日食べ続けても飽きない54レシピを収録。定価1430円(税込)

 

料理 市瀬悦子さん

料理研究家。食品メーカーに勤務後、料理研究家のアシスタントを経て独立。「おいしくて作りやすい家庭料理」をモットーに、書籍、雑誌、テレビなどで活躍中。著書に『基本調味料で作る鍋』『目で見てわかる!「材料入れて煮るだけ」レシピ』『すぐやせおかず糖質オフ200』『ラクちんおかず作りおき200』(すべて主婦と生活社)など多数。http://www.e-ichise.com

 

photo 福尾美雪 styling 駒井京子

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ