びっくりするくらいやわらかいしゃぶしゃぶ肉が、最高においしい!〜藤井恵さんの「豚しゃぶと水菜のごま酢あえ」のレシピ

2021.01.15


時々無性に食べたくなって、いくらでも食べられるといえば…そう、マカロニサラダやポテトサラダ! 定食屋さんなどでも、しょうが焼きの隣には絶対にあってほしい存在ですよね。そんな「和えて」作る、ごはんに合うサラダばかりを集めたのが、料理家・藤井恵さんのレシピ本『和えサラダ』です。


「あえだれやドレッシング、ソースを作ったら、ゆでたり焼いたりした肉や魚、切った野菜を加えて、ボウルの中でさっさっさっと混ぜるだけ。火にかけながら味つけをする炒めものなどよりも、失敗が少なくて手軽に作れるのではないかな、と思います」と藤井さん。
今回は、藤井さんがこの本の中で特にお気に入りだという、ごはんがすすむひと皿をご紹介します!

 

豚しゃぶと水菜のごま酢あえ

しゃぶしゃぶ肉は酒とマヨネーズを塗り、それから熱湯で静かにゆでると、びっくりするほどしっとりと、
やわらかく仕上がります。甘酢にたっぷり加えたごまの香ばしさで、ごはんがすすみます。

【材料(2〜3人分)】
豚ロース薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)…20枚(200g)
酒、マヨネーズ…各大さじ1/2
水菜…1/2束
・白すりごま…大さじ2
 ・酢、しょうゆ…各大さじ1
 ・砂糖…小さじ1/2
 ・にんにく(すりおろす)…1/3かけ


作り方
1  豚肉は1枚ずつ広げて酒、マヨネーズを塗り、10分おく。塩少々(分量外)を加えた熱湯で弱火で2〜3枚ずつゆで、色が変わったらざるに上げる。水菜は3cm長さに切る。

2 ボウルにを入れて混ぜ、豚肉、水菜を加えてあえる。

 

【memo】
すりごまはたっぷり入れると、香ばしさが増し、ごまが水分を吸って、時間がたっても水っぽくならないのでおすすめ。お弁当にもいいですね。水菜のかわりに、クレソンやかいわれでもおいしく作れます。

 

【藤井恵さんのレシピはこちらにも】

 

もっとレシピを知りたい方は、こちらをどうぞ!
和えサラダ(主婦と生活社) 


定価:1430円(税込)

マカロニサラダにポテトサラダ、スパゲッティサラダ…。そんな白いごはんがもりもり食べられる、“和えて”作るサラダばかりを集めたちょっとユニークなレシピ集。ボウルの中でささっと和えるだけなのに、しっかりメインのおかずになる圧倒的なボリューム感が魅力! これひと皿で野菜がたっぷりとれるから、献立作りがぐっとラクになります。藤井さんのお宅で活躍中の「うちの和えサラダの素」から、肉や魚の和えサラダ、豆腐・大豆・大豆製品・海藻の和えサラダ、卵、乾物の和えサラダまで、バラエティ豊かな105レシピを掲載。

 

藤井 恵(ふじい・めぐみ)さん


1966年、神奈川県生まれ。管理栄養士。女子栄養大学卒業後、料理番組、フードコーディネーターのアシスタントなどを経て、料理研究家に。著書に『和えサラダ』『50歳からのからだ整え2品献立』『家庭料理のきほん200』『から揚げ、つくね、そぼろの本』『ギョウザ、春巻き、肉団子の本』『のっけ弁100』(すべて主婦と生活社)、『藤井弁当』(学研プラス)、『はじめての「味つけ冷凍」』(文化出版局)など多数。
https://ameblo.jp/fujii-megumi/  Instagram fujii_megumi_1966

 

 photo:宮濱祐美子 styling:大畑純子 

 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ